スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストリートヴァンダリズム研究会

 2009年4月25日(土)13:00~17:00に開催された「ストリート・ヴァンダリズム・参与観察」研究会に参加してきました(主催:関西学院大学大学院GP「東アジアのストリートの現在」研究班)。

***以下はいただいた案内の内容を抜粋してあります。


***************以下抜粋*****************

本研究会では、ストリートをめぐる若者たちの諸実践に注目するなかで、ストリート領有の
可能性/不可能性を探究し、若者たちの生活世界へと接近していきます。
今回は、フィールドワークを方法にした気鋭の社会学者にご参集いただき、3部構成でご報告
していただいたうえで、われわれがストリートの現在を社会学的にいかにとらえ、語れるのか、
語れないのかを、具体的な調査の方法、視点などを含めて徹底討論します。
ぜひ、ご参加ください。

1.【描く。】
○ 飯田豊先生(福山大学人間文化学部メディア情報文化学科専任講師)
○ 南後由和先生(東京大学大学院情報学環助教)
お二方には、グラフィティ、いわゆる「タギング」の実践について、紹介して
いただきます。

2.【走る。】
○ 打越正行さん(社会理論・動態研究所)
打越さんには、沖縄の暴走族について、また自身の参与観察の経験について
紹介していただきます。

3.【踊る。】
○ 新谷周平先生(千葉大学教育学部准教授)
新谷先生には、ストリートダンスをとおして、つながる若者について紹介して
いただき、若者が生きる場を創造するための、実践的な方向性をしめしていた
だきます。

コメンテーター:
○ 鵜飼正樹先生(京都文教大学人間学部文化人類学科准教授)
都市の身体性や、参与観察法に関して、鵜飼先生にコメントをいただき、フロア
全体で議論をおこないたいと思います。

***************抜粋以上*****************


大変面白い発表と議論でした。
私は純粋な社会学を学んできたわけではありませんが、
今回はとても聞きやすく、よくわかるご発表でした。

というのも
今回のご発表は皆さん参与観察という手法を用いていたからです。
私も手法は参与観察ですので、そういう意味では「そうそう!」と
とてもよくわかることもありましたし、「なるほどなぁ」と、勉強になることも
多くありました。

この勉強会に招待していただいたのは、実は鷲宮町での
出会いが発端だったのです。
鷲宮町で調査をしている際に偶然出会った関西学院大学の
講師の先生が、ご招待してくださったのです。
本当にありがたいことです。

何と言うか、私の研究活動は色々な側面で
鷲宮に支えられているなぁ、と思います(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 社会学
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。