スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「観光地における持続可能なボランティア組織の条件」がHUSCAPに登録されました☆

第22回日本観光研究学会ポスターセッションで発表しました、

 「観光地における持続可能なボランティア組織の条件
―北大キャンパスビジットの事例から―」


著者:岡本健、敷田麻実、森重昌之

をHUSCAPに登録していただけました。
下記URLよりダウンロード可能です。

【HUSCAP】
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/handle/2115/35571

ただ、日本観光研究学会の方針で、
要旨の登録は認められないようなので、HUSCAPでは
発表したポスターを掲載させていただいています。

つまりは、以前お知らせしていた
観光研究学会で発表した聖地巡礼関係の原稿についても
現段階では、要旨の登録が認められないということになりました。

内容をさらにバージョンアップし(全く同じものでは二重投稿になりますので)、
皆さんに見ていただける形で公表していく体制に切り替えようと考えております。
今しばらくお待ちいただけますと幸いです。

私どもの研究をお読みいただき、卒論やレポートに
用いていただいているというお話をほうぼうから
伺っています。本当にありがとうございます。

そうした方々のためにも、
研究成果は全面的に公開する方向で
やっていきたいと思っております。
今後とも、よろしくお願いいたします!!

今回登録していただいた内容は、
観光地でボランティアガイドをする人々が
何をモチベーションにガイドを続けているのか
といった問題に切り込んだものです。

実は、私が大学院に入ってからはじめて
学会でやったポスター発表でした。
2007年5月26日に発表したものです。

まだアニメ聖地巡礼には出会っていない時期ですが、
「このころから、観光における人と人との関係
に興味を持ってたんだなぁ、」と自分でも懐かしく
読みました(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。