スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登別グランドホテルにて「次世代ツーリズムと観光マネジメントの未来」に参加

本日は、登別グランドホテルにて「次世代ツーリズムと観光マネジメントの未来」という
講演に参加してきました。

我々の専攻長が講演されたので、聴講しに行きました。

講演が1時間半あって、その後30分は質疑応答でした。

1時間半も一人で話をして、聴衆を飽きさせないというのは
すごいことですね。しかもスライドは使わず、文字ばかりの
レジュメのみを用いてです。自分もそういう話し手になりたいものです。

質疑応答では、インターネットを旅行情報源とする世代が増加している
という、「旅行情報化世代」についてのデータから話が膨らみ、
自分も発言させていただく機会がありました。

インターネットを旅行情報源とする世代が増加しているのは事実ですが、
それを即座に「だったらHPを開設すれば!」「ブログで発信を!」
と、企業や行政がお金をかけてやってもなかなか人は反応しないのではないかと思います。

最近は良いソフトがたくさんあるので
非常に安価で綺麗なホームページを誰でも作ることができます。
きれいなサイトは山ほどあるので、逆にチープな感じのほうがものすごいアクセス数を
叩き出してしまう、ということもあります。例えば下記の「埼玉ちょ~でぃーぷな観光協会」は
その典型です。

埼玉ちょ~でぃーぷな観光協会
http://www.sainokuni-kanko.jp/deep/

では、結局何が大切なのかというと、書いてある情報の
「面白さ」や「正確さ」、「詳細さ」、「親切さ」などが
大切になってくると思います。

旅行情報をインターネットの検索サイトで調べる人は、
それなりに情報の取捨選択がうまい(あるいは今後うまくなる)人
でしょうから、情報を見る目が肥えています。

また、そのサイトだけ見てくれるなら良いですが、
検索サイトで調べる場合には、他の様々なサイトも参照し、
比較・対照させます。

そうした時に、自分の利益ばかりを考えてうわべを取り繕った情報を発信しても
かえって逆効果になる可能性もあります。

特に観光は、その情報を見て実際に現地を訪れるので
その真偽は実体験で確認されてしまうわけです。

あくまで情報発信は情報発信でしか無いわけで、地域にある
資源がきっちりしていないのに、情報発信にばかりお金をかける
のは本末転倒と言えましょう。

また、情報技術に限らず紙媒体の美麗なチラシやパンフレット
のものすごい量は何とかなりませんかね。
なんとか良い形でプラットフォームを整備すれば
もう少し少なくて済むように思います。
そういうところにお金をかけずに、人材育成などに
使ったほうが良いと思われます。

今後、こういったことを考えていくのも課題であると思いました。
スポンサーサイト

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。