スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年度版「現代用語の基礎知識」にオタクツーリズムが掲載されました。

2009年度版「現代用語の基礎知識」になんとオタクツーリズムが載っていました。

1276ページに載っています。
黄色いページで「世の中ペディア」というところの
「最近語」というコーナーに載っています。
著者は亀井肇さんです。新語アナリストの方だそうです。
Yahoo!辞書の「新語探検」に「オタクツーリズム」を書いていた方ですね。

見てみますと、

オタクツーリズム:
アニメファンが自分の好きなアニメに描かれた街を訪ね歩き、
仮想と現実の世界を重ね合わせる行為。「聖地巡礼」と彼らは呼んでいる。
(まだ続きますが、全部載せるのは著作権的にどうなのかわからないので辞めておきます)

・・・とあります(ほとんどYahoo!辞書の記述と同じ)。

巡礼のさきがけとなったのは「朝霧の巫女」としています。


(聖地巡礼の誕生については、
『アニメーション作品が観光振興に与える影響に関する研究. その1, アニメ聖地巡礼の誕生と展開』
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/handle/2115/34972

『メディアコンテンツと次世代ツーリズム : 鷲宮町の経験から考える若者の旅の動向と可能性』
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/handle/2115/34999
第2章 アニメ聖地巡礼とは何か? ~アニメ聖地巡礼の誕生と展開~

がとりあえず今自分がまとめて皆さんに見ていただけるものです。)


確かに地域振興とからんだのは「朝霧」が最初の方だとは思いますが
「朝霧」はアニメというよりマンガのほうがメインなのではないでしょうか。

アニメじゃなくても、という話ならミラージュツアーもあります。

自分でもここのところはうまく整理がついていないので人のことを言える
ものではないのですが…。

やはり「オタクツーリズム」はとにかくアニメとかゲーム関連
のオタク的文化の一つ、という捉えられ方をしているように見えます。

ヲタクツーリズムはオタクツーリズムとは
物事のとらえ方が違っていて、そこが本当は面白いのであって、
それについては近々論考を発表したいと思っています。

ヲタクツーリズム=聖地巡礼、では無いですから。
聖地巡礼はあくまで聖地巡礼だと思います。
そこがいいのであって、聖地巡礼=オタクツーリズム
ではなんだか味気ないと思います。

本文ではあたかも「オタクツーリズム」という言葉が
あって、それを通俗的に「聖地巡礼」と呼んでいる
というふうに読み取れそうな書き方をしていますが、
逆です。

「聖地巡礼」とその後の地域振興の展開を見て、
そういったことを説明するために
「ヲタクツーリズム」という概念を考え出しました。

なんにせよ、年末に
自分が一年間取り組んできたことに関連することを
「現代用語の基礎知識」で目にする
というなかなか無い経験をしました(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 気になる本をチェック!!
ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初めて知った言葉、○○○ツーリズム

こちらのブログ記事でオタクツーリズムという言葉を知りました。 Yahoo!辞書によると、 アニメや漫画のファンが自分の好きな作品に描かれた街を訪ね歩き、仮想と現実の世界を重ね合わせる行為。ファンたちは「聖地巡礼」とよんでいる。 とのこと。 熊野にも、ミラージ...
プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。