スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宗教とツーリズム」研究会で発表させていただきます【2013年11月16日(土)】

「宗教とツーリズム」研究会で発表させていただきます。
以前からお噂はかねがね聞いていた研究会の方から
発表の打診をいただきました。

開催日時は以下の通りです。
2013年11月16日(土) 13:30~17:00(予定)

開催場所は、
大正大学 巣鴨校舎2号館6階262教室
です。

参加は自由で事前申し込みなども不要、とのことですので、
どなた様も参加していただけるようです。

研究会では2つの発表があります。

【発表1】
<発表者>
宇田川 彩 氏
(東京大学総合文化研究科博士課程・日本学術振興会特別研究員)

<発表タイトル>
暦と時間(仮)―アルゼンチン・ブエノスアイレスのユダヤコミュニティで考える

<発表要旨>
本発表は、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行ったユダヤコミュニティに関するフィールドワーク(2011年2月~2013年2月)に基づき、首都での生活におけるユダヤ暦の存在に焦点を当てる。まず確認しておきたいのは、アルゼンチンにおいて日常生活は国家のカレンダー(ローマカトリック暦や、国家の歴史的祝日)に沿っている点である。こうした中、多くのユダヤ人にとって、ユダヤ暦の最重要行事である過越し祭・ユダヤ新年・贖罪日は、シナゴーグに行く数少ない機会であるとともに、家族親族と過ごす共同的な時間の経験となる。同時に、これらの機会はユダヤ教の伝統に基づき、自己内省を行うための契機として捉えられている。これらの二点を併せて考察することで、現代における暦と時間について考える。なお、冒頭に「北アフリカのユダヤ人巡礼」についても簡潔な事例紹介を行う。

【発表2】
<発表者>
岡本健
(奈良県立大学 地域創造学部 講師)

<発表タイトル>
アニメ聖地巡礼の特徴とその展開 ―聖地巡礼者はコンテンツツーリズムの夢を見るか?

<発表要旨>
近年注目を集めるコンテンツツーリズム。そのきっかけを生んだのは、アニメ聖地巡礼であった。本発表では、アニメ聖地巡礼について、行動的な特徴をはじめ、コミュニケーション的特徴、その観光史的位置づけ、コンテンツ文化史的位置づけなど多角的に分析する。また、アニメ聖地巡礼者と地域住民の出会いやその後の展開などについても触れる。本発表により、アニメ聖地巡礼と宗教的な巡礼との類似点や相違点などについて議論をするための土壌を整備したいと考えている。


私は宗教学や宗教社会学が専門ではありませんので、
これまで「アニメ聖地巡礼」という言葉を使いつつも、
「聖地巡礼」について強く考えて来ませんでした。

研究をまとめる際に真っ先に思いついたのは宗教の聖地巡礼との比較でしたし、
研究発表をしても、よく質問を受けたのは宗教の聖地巡礼と比べてどうか、
ということでした。

『n次創作観光』(その元になった博士論文でもです)では、
「精神的中心」という概念を使って、
アニメ聖地巡礼が、ただロケ地を訪ねるという行為ではなく、
精神的な中心と関わっていることについては論じました。

ただ、やはり宗教の聖地巡礼の専門家の方と色々とご議論いただきたい、
という想いはずっとありました。
今回は、その機会をいただけたと考えております。
私が今から宗教の聖地巡礼について詳しく調べて発表する時間は
無いと思いますので、アニメの聖地巡礼について、
客観的な根拠を出しつつ、できるだけ詳細に特徴や展開を発表し、
議論の材料にしていただき、宗教学や宗教社会学の観点から
色々とご議論いただければと考えています。

今回の発表の関連論文や関連書籍を下にご紹介いたします。
簡単に内容も書かせていただきます。


・関連論文
岡本健(2009)
「アニメ聖地巡礼の誕生と展開」
『メディアコンテンツとツーリズム』, CATS叢書1, pp.31-62.
<ダウンロードURL> http://hdl.handle.net/2115/38112

アニメ聖地巡礼という言葉がいつごろから使われ始めたのか、アニメ聖地巡礼という行為はいつごろから
始められたのか、この疑問に、新聞・雑誌記事や書籍の記述を分析することによって答えたもの。
開始時期と展開時期が明確にわかる。

岡本健(2010)
「コンテンツ・インデュースト・ツーリズム ―コンテンツから考える情報社会の旅行行動」
『コンテンツ文化史研究』, 3, pp.48-68.
<ダウンロードURL> http://hdl.handle.net/2115/43181

アニメ聖地巡礼についての行動的な特徴をまとめたもの。大河ドラマ観光との比較を通して、
アニメ聖地巡礼の特徴を浮き彫りにした。また、アニメ聖地巡礼者の三分類、
開拓的アニメ聖地巡礼者、追随型アニメ聖地巡礼者、二次的アニメ聖地巡礼者
を提示し、それぞれの特徴を明記してある。


岡本健(2011)
「交流の回路としての観光 ―アニメ聖地巡礼から考える情報社会の旅行コミュニケーション」
『人工知能学会誌』, 26, (3), pp.256-263
<CiNii 定額アクセス可能>

アニメ聖地巡礼について、東浩紀氏の『動物化するポストモダン』の議論を踏まえて、
オタクの旅行行動として位置付けて分析を行った。
開拓的アニメ聖地巡礼者への質問紙調査によって、アニメ聖地巡礼の開始時期を実証的に明らかにする
と共に、どのようなコミュニケーションが行われているかを明らかにした。


岡本健(2012)
「観光・地域デザイン2.0と観光情報学 ―アニメ聖地巡礼から観光の新たなあり方を考える」
『観光と情報』, 8, (1), pp.15-26.
<ダウンロードURL> http://hdl.handle.net/2115/50435

アニメ聖地巡礼のような形で、地域側にとっては理解しにくい理由で旅客が訪れるケースは
これから様々な形で出てくると考えられる。その際、旅行者と地域住民の垣根は低くなり、
観光・地域デザインの主体として、興味、関心を持つ人々によってなされる状況が予想できる。


・関連書籍(下記の書籍の中で、岡本が執筆している箇所が関連しています)
敷田麻実・内田純一・森重昌之(編)『観光の地域ブランディング』学芸出版社
神田孝治(編)『観光の空間』ナカニシヤ出版
安村克己・遠藤英樹・寺岡伸悟・堀野正人(編)『よくわかる観光社会学』ミネルヴァ書房
岡本健『n次創作観光 ―アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性』北海道冒険芸術出版
青木義英・神田孝治・吉田道代(編)『ホスピタリティ入門』新曜社
スポンサーサイト

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。