スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『CAT SHIT ONE(キャット シット ワン)』を観ました

昨日はレンタルビデオ店で以前から非常に気になっていた
『CAT SHIT ONE』
を借りてきて、観ました。



かわいらしいウサギでありつつたくましい眼光の
パッケージを見て、以前から
「なんかすごそうな作品だ」と思っていたのですが、
本編が20分強しかないのが気になり、他の作品を借りてしまっていました。
今回は奥さんの希望もあり、ついに観ることができました。

端的に言って、これはスゴイ作品です。
キャラクターの造形や動きがまず素晴らしいのですが、
戦闘アクションやカメラワークがすごすぎます。

かわいいウサギのキャラクターが戦っているので、
リアルなわけがないのですが、
めちゃくちゃリアルです。

1時間を超える特典映像がついているのですが、
そこで、なぜに戦闘アクションがこんなにすごくてリアルなのか
わかる仕掛けになっています。

20分作るのでも相当大変なことだったと思うのですが、
長編の劇場版映画ができたら、絶対観に行きたい作品です。
好きな人、多いのではないかなぁ。

戦争物と言えば、戦争物なのですが、
動物のキャラにしているため、残虐性が低く、見やすくなっています。
でも、それは「死」や「戦場」を覆い隠してしまっているわけではありません。

詳しくは、是非見ていただきたいのですが、
特典映像で語られる、コンバットアクションの所作、
銃の扱い、それぞれの理由を聞いていると、

映像自体はとても見やすく、理解しやすいのに、
そこに「戦場」や「紛争地帯」での人間心理が
まざまざと感じられるようになっています。

逆に残虐性を前面に出しすぎると、その時点で
「観ない」というお客さんが多くなると思うのです。
そこには、本当に伝えたいこと、があるはずなのですが、
まず、ある一定数のお客さんは観てもくれない。

本作では、動物キャラクターにすることによって、
「観よう」と思うお客さんを増やすことができていると思います。
そして、気持ちよく観終わることができる。
その上で、様々なことを感じられる作品になっています。

「本当に見せたいもの」と「演出」が非常に良いバランスで
「作品」として結実しており、感動しました。
スポンサーサイト

テーマ : DVD
ジャンル : 映画

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。