スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『n次創作観光 ―アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性』が出版されます

以前からお知らせしておりました

『n次創作観光
―アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性』

著者:岡本健
出版社:NPO法人北海道冒険芸術出版
定価:800円(税込)
ページ:108ページ
判型:A5判

が出版されます。

目次は以下の通りです。

****************************

第1章 不可能性の時代に可能性を探る
01 閉塞感の時代
02 再帰的な個人化/大きな物語の機能不全
03 社会の情報化とコミュニケーション
04 インティメイト・ストレンジャー
05 多元的自己と精神的中心
06 小さな物語/島宇宙/排他性
07 オタクと公共性
08 不可能性の時代の観光の可能性

コラム:アニメ聖地巡礼ガイド・西日本編

第2章 現代観光の分析視座
09 動物化する観光
10 観光とメディア
11 旅行者の特徴
12 ホスト&ゲスト
13 メディア/コンテンツ/観光
14 初音ミクとN次創作

コラム:アニメ聖地巡礼ガイド・東日本編

第3章 
15 アニメ聖地巡礼とは
16 アニメ聖地巡礼の情報探索
17 アニメ聖地巡礼の行動的特徴
18 アニメ聖地巡礼の旅行後行動
19 開拓的/追随型/二次的聖地巡礼者
20 日常系アニメと聖地巡礼

コラム:みなさまからのコメント

第4章 
21 コンテンツツーリズムとアニメ聖地巡礼
22 アニメ聖地巡礼のプロセス
23 アニメ聖地の地域住民
24 地域からの情報の新たな流通経路
25 巡礼者の表現と地域住民のホスピタリティ
26 地域文化/メディア文化/観光文化
27 ホストとゲストの超克
28 コンテンツツーリズムの研究枠組み

コラム:観光という「処方箋」

第5章 
29 n次創作観光の構造
30 つながりの創出
31 ひらかれの機会
32 いきがいの時空
33 n次創作観光のデザイン
34 観光の可能性

あとがき 私自身がひらかれ、救われたアニメ聖地巡礼研究

****************************

本書は、平成24年3月に北海道大学大学院に提出し受理された
博士学位論文『情報社会における旅行者の特徴に関する観光社会学的研究』
を元に大幅に修正を加えて出版させていただくものです。

学位論文については、下記を参照ください。
国立国会図書館に所蔵されています。
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023770932-00

通常こうしたいわゆる学術書では、
価格が高くなってしまうことが多いのが現状です。
2000円近くするものが大半です。

それだけ払う価値のある情報が書いてあるとは思うのですが、
学生さんに聞いてみますと、やはり値段的に手が出にくい
というのが実態のようです。

自分自身も昨年まで学生でした。
学術書は好きでしたので、たくさん買っていましたが、
amazonのマーケットプレイスや、中古書店をはしごするなどして
「出来るだけ安く」という思いは同じでした。

そういうことを受けて、なんとか1000円以下にならないか、
ということでご相談したところ、
NPO法人北海道冒険芸術出版さんが頑張ってくださり、
今回、800円で皆さまの元にお届けできることになりました。

2008年3月ごろから調査を始めた、アニメ聖地巡礼、
その成果をまとめました。

初の単著ですので、拙い部分も多いと思いますが、
皆さまのおかげで、なんとかまとめることができました。
これからの日本や世界を考える際に、ヒントとなることを
記せたのではないかと考えております。

地域振興に携わっておられる方々、
観光業や観光関連業に従事しておられる方々、
にも是非読んでいただきたいです。

若者の旅行離れ、などと言われていますが、
その原因はどこにあるのか?
旅行商品を買わないのはなぜなのか?
実際には何を求めているのか?
ご理解いただけるのではないかと思います。

そして、学生さんには是非ともお読みいただきたいと思っています。

最近、大学の研究で、コンテンツ関係や観光関係のものに
取り組まれる学生さんが増えてきました。

こうしたポップカルチャーに関することや
実践的な事象を研究として扱う場合、
どのような研究の文脈にのせるのか、
どういった社会状況を背景とするのか、
そういうところでお悩みの学生さんも多いかと思います。
その参考にしていただければと思います。

今回は、引用文献をできるだけ掲載しました。
ネットでダウンロードして読めるものについてはURLも併記してあり、
引用文献にも当たれるようにしました。

すべてを掲載することは、紙幅の都合でできなかったのですが、
引用文献には、さらに引用文献が書かれていますので、
芋づる式に色々な文献に当たれるようにしてあります。

先行研究をしっかり読んで、自分なりの問題意識を形成して
研究にお役立ていただければ何よりです。

お申し込みは、
NPO法人北海道冒険芸術出版まで

http://ura-hokkaido.x0.to/

そして、本が出来上がっていく過程については、
Facebookページ『n次創作観光』をご覧ください。
http://www.facebook.com/njisosakukanko
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。