スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

明けましておめでとうございます!

旧年も、色々な方に支えていただき、
おかげさまで、充実の一年間を過ごすことができました。

2012年は色々なことがありました。

2012年3月に北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院
観光創造専攻 博士後期課程を修了しました。
博士(観光学)をいただきました。

そして、2012年4月には現職、
京都文教大学 総合社会学部 文化人類学科 特任(任期付)講師
として雇っていただけました。

特任ですが、専任とほぼ同様の条件で、
研究室もいただいていますし、
2012年4月から始まった総合社会学部の中で、
観光・まちづくりコースを作っていく一人の教員として、
教職員の皆々様に大切にしていただき、有難いです。

また、学生さんもとてもあたたかく、
皆さんのおかげで楽しく大学教員生活を始めることができました。

博士号を取得してすぐにこういった立場で
働かせていただけるのはなかなか難しいことだと聞いていましたので、
私は本当に幸運だなと、そう思います。

研究で実地調査をさせていただく際も、
博士論文を仕上げる際も、
大学教員としての就職活動の際にも、
本当に色々な方に支えていただきました。

なんとか今仕事ができているのは、
皆さまのご指導、ご協力のおかげです。
有難うございました。

今年は、1月26日に
『n次創作観光
―アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性』
をNPO法人北海道冒険芸術出版さんより出版させていただく予定です。

これは、博士論文のエッセンスを凝縮し、
さらに新しい議論を展開させていただいた書籍です。

詳しくは下の、出版社さんのホームページからご覧ください。

北海道裏観光ガイド

また、Facebookページで、
出版の最新情報をご覧いただけます。

『n次創作観光
―アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性』
http://www.facebook.com/home.php#!/njisosakukanko

これまでの成果を皆さまにお披露目できる機会であると同時に、
これからの研究の出発点にしていこうと思っている書籍です。
このような研究をしたい方には、参考にしていただけるように、
こうした研究に関心が無い方にも、一般的なことに応用可能なように、
書いたつもりです。

これを作る際にも、さまざまな人にお世話になっています。
皆さま、本当に有難うございます。

これからも、教育、研究に邁進してまいりたく存じます。
本年も、何卒よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。