スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンテンツツーリズム研究会第2回総会のことを取り上げてくださいました。<MANTANWEB 毎日新聞デジタル>「アニメ聖地巡礼 : 学会・自治体が注目の「コンテンツツーリズム」とは?」

コンテンツツーリズム研究会第2回総会のことを、
11月18日付でまんたんウェブさんに取り上げていただきました。

<MANTANWEB 毎日新聞デジタル>
「アニメ聖地巡礼 : 学会・自治体が注目の「コンテンツツーリズム」とは?」
http://mantan-web.jp/2012/11/18/20121117dog00m200018000c.html

「二つの基調講演が用意され、一つ目は、観光社会学を専門にする京都文教大の岡本健(たける)特別講師が「コンテンツツーリズム教育の現状と課題」をテーマに、アニメの“聖地巡礼”が学問的にどう考えられているかを説明した。・・・」

…たけるっ!?

これは本人も知らなかった新情報です(笑)
念のため、私は岡本健と言いまして、健と書いて「たけし」と読みます。
よく「けん」に間違われますが「たける」は新しいバージョンです(笑)
あと、細かい話ですが、特別講師ではなく、特任講師になります。

岡本健の研究者情報は以下ページを参照してください。
http://researchmap.jp/t-okamoto/

そのような細かい点はいいとして、
コンテンツツーリズム研究会という、
学生さんのために、鷲宮商工会さんと一緒に等身大で企画した会に
シンポジウムの登壇者として来てくださっただけでなく、
記事にしてくださり、本当に有難いです。
河村さん、ありがとうございます!

コンテンツツーリズムを研究するということは、
ただ、アニメや漫画、映画などを使って地域振興をすれば良いか、
ということにとどまりません。

現代社会のコミュニケーションの問題を考える上でも、
重要な視点を提供してくれます。

そのことについては、これまでも
いくつかの論文で触れてきましたが、
近刊(12月末~1月初旬発売予定)
『n次創作観光 ―アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性』
でまとめております。

Facebookページ『n次創作観光』
http://www.facebook.com/okamotot#!/njisosakukanko

そして、3月には、アニメ『けいおん!』の聖地となっている滋賀県犬上郡豊郷町で
コンテンツツーリズム研究会第3回総会ができればと考えております。
是非コンテンツツーリズムについて、皆で考えてみませんか?
スポンサーサイト

テーマ : フォーラム・シンポジウム・ワークショップの案内
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。