スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初の単著『n次創作観光 ―アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性』近日発売予定です!

私の初の単著

『n次創作観光
―アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性』

が近日発売予定です。

アニメの聖地巡礼、コンテンツツーリズム、観光社会学について、
見開き1ページ1テーマで解説しつつ、
一連の話としても読めるように仕上げました。
かつ、「アニメ聖地巡礼に行ってみたい!」と思われる方への
ガイドブック的要素も含めた
欲張り放題の書籍です。

これだけ詰め込んで、価格はなんと1,000円を切ります!
なんとも、テレビの通販番組の宣伝みたいになってきましたが、
専門書はなかなか安くできないのが実際です。

この無理難題に応えてくださる出版社は、
NPO法人冒険芸術出版さん。

この出版社さんは、これまでに『北海道裏観光ガイド』という本を
出版されています。



私が北海道大学で大学院生をやっていたときに、ひょんなことから知り合った
編集の堀さんがやっておられる出版社。
知り合った当初から、色々と観光の話で盛り上がり、
様々なことを教えていただいていたのですが、
このたび、私の単著を出してくださるということで、
進めていただいております。

予定している目次は、
以下の通りです(一部変更の可能性があります)。

第1章 不可能性の時代に可能性を探る
1.閉塞感の時代
2.再帰的な「個人化」と「大きな物語」の機能不全
3.社会の情報化とコミュニケーション
4.インティメイト・ストレンジャー
5.多元的自己というアイデンティティ
6.小さな物語/島宇宙/排他性
7.オタクと公共性
8.不可能性の時代の観光の可能性

第2章 現代観光の分析視座
1.動物化する観光
2.観光とメディア
3.旅行者の特徴
4.ホスト&ゲスト
5.メディア/コンテンツ/観光
6.初音ミクとN次創作

第3章 アニメ聖地巡礼
1.アニメ聖地巡礼とは
2.アニメ聖地巡礼の情報探索
3.アニメ聖地巡礼の行動的特徴
4.アニメ聖地巡礼の旅行後行動
5.開拓的/追随型/二次的アニメ聖地巡礼者
6.日常系アニメと聖地巡礼

第4章 コンテンツツーリズム
1.コンテンツツーリズムとアニメ聖地巡礼
2.旅行者主導型コンテンツツーリズム
3.アニメ聖地創造のプロセス
4.巡礼者の表現と地域住民のホスピタリティ
5.地域文化とメディア文化→観光文化
6.ホスト&ゲストの超克
7.観光地に直接関係しないアクターの関与
8.コンテンツツーリズムの研究枠組み

第5章 n次創作観光
1.n次創作観光の構造
2.つながりの創出 ―つながるはずの無かった人々とのつながり
3.ひらかれの機会 ―オフ会との比較から
4.いきがいの時空 ―精神的中心とコンテンツツーリズム
5.n次創作観光のマネジメント
6.観光の可能性

博士論文に書いたことが元にはなっていますが、
全体の分量が相当違っていることや、
「n次創作観光」という新たな概念を提示したことで、
多くが新たに書き下ろした内容になっています。

また、これを読んでいただいて、
より専門的なことが知りたい方への道しるべとして
ご活用いただけるよう、関連論文や書籍のご紹介もしています。

観光を学んでみたい、アニメ聖地巡礼について知りたい、
コンテンツツーリズムって何?
観光観光って言ってるけど、金がもうかったら良いって話じゃないの?
そのような様々な興味、関心を持った方々に届けばと思って作っております。

編集状況の進捗や裏話などは、
Facebookページ『n次創作観光』をご覧ください(^^)

Facebookページ『n次創作観光』
http://www.facebook.com/njisosakukanko?filter=3#!/njisosakukanko


スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。