スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『よくわかる観光社会学』安村克己・堀野正人・遠藤英樹・寺岡伸吾編著(ミネルヴァ書房)

京都文教大学の総合社会学部、観光・まちづくりコースの1回生の皆さん、
2012年度秋学期の基礎演習に使用する教科書が決まりました。

タイトルにも掲げている
『よくわかる観光社会学』安村克己・堀野正人・遠藤英樹・寺岡伸吾編著(ミネルヴァ書房)
です。



ミネルヴァ書房の『よくわかる』シリーズの一冊です。
やわらかアカデミズム・<わかる>シリーズ、というのが正式名称のようです。
2011年4月に出版され、現在2刷が出ています。

このシリーズは、原則、見開きで1つの項目が解説してあり、
学問分野の概要が文字通り『よくわかる』ものです。

観光学、観光社会学、などと聞いた時に、
「一体全体どんな学問??」と不思議に思う方は多いと思います。
本書は、43人の観光研究者によって書かれており、
観光社会学を中心にしつつも、隣接領域もカバーしています。

全体は、以下の4部、11章で構成されています。

第1部 観光社会学とは
 1章 観光社会学の輪郭
 2章 社会現象としての観光の構造と変遷
第2部 現代観光のかたち
 3章 新しい観光のかたち
 4章 多様化する観光
第3部 観光社会学の体系
 5章 観光社会学の視座
 6章 観光社会学の領域
 7章 隣接する学問領域
第4部 事例を読み解く
 8章 観光施設の社会性
 9章 観光の文化装置
 10章 観光社会学の舞台
 11章 研究者紹介

値段は2600円+税
と、決して安くは無いですが、
買って損はありません。

盛りだくさんの内容で、
とても半期では終わらないものです。
一度購入しておけば、これからの様々な授業で役立ちますし、
卒業論文にも使えます。
京都文教大学の丸善で購入できますので、
早めに購入しておいてください。

参考までに、北海道大学大学院でおこなっていた研究会で、
『よくわかる観光社会学』の項目「映画館」と「アニメと観光」
を参考にして作ったレジュメ2点を以下に示します。
無料でダウンロードできます。


『よくわかる観光社会学』「映画館」を手がかりに映画と旅行について考える
http://hdl.handle.net/2115/45963

『よくわかる観光社会学』「アニメと観光」を手がかりにコンテンツツーリズムを考える
http://hdl.handle.net/2115/45475
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。