スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

院生二人の学会デビュー【第4回観光・余暇関係諸学会共同大会】

2012年6月30日に東洋大学(白山第2キャンパス)にて開催されました
第4回観光・余暇関係諸学会共同大会にて発表させていただきました。

私は、単著1本、共著1本の発表でした。

単著のものは、
岡本健(2012)
「AR(拡張現実)技術を活用したツアーにおいて旅行者が感じる楽しさに関する研究
―「マンタビ モニターツアー」事例の分析から」
というタイトルです。

AR技術をツアーに活用した際に、
参加者はどのような「楽しさ」を見出すのか。
技術の目新しさだけではなく、
ツアーで偶然出会った人々との交流を楽しんだりするのか?
この点を事例から考察しました。


共著のものは、北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院 観光創造専攻
修士課程1年の釜石直裕さんが発表してくれました。
学会デビューだそうです(^^)

釜石直裕・岡本健(2012)
「コンテンツツーリズムにおける観光地評価の構築プロセスに見る異なる立場のせめぎあい
―アニメ『けいおん!』聖地「豊郷」で起きた「楽器盗難事件」に対するSNSのコメント分析から」

結構大きなニュースになった事件ですが、
アニメ『けいおん!』の聖地である豊郷小学校旧校舎群で
ファンから寄贈された楽器やグッズの売上金などが盗難された事件について、
SNSでニュースに対するコメントが多数発信されていました。
それについて分析、考察したものです。

以下の論文の成果を踏まえています。

「コンテンツツーリズムにおける地域からの情報発信とその流通
―『らき☆すた』聖地「鷲宮」と『けいおん!』聖地「豊郷」の比較から」
http://hdl.handle.net/2115/47794

釜石さんがしっかり発表してくださり、
多くの質問を受け、考察を進めることができました。
聞いてくださった皆様、ありがとうございました!

また、ついに学会デビューという
鎗水孝太さん(北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院 修士課程2年)
の発表も聞かせていただきました。

「コスプレイベントの成立過程に関する社会文化史的考察」
というタイトルで発表されました。
コスプレイベントの行われ方(実施主体、実施形態等)について
わかりやすく整理されており、大変勉強になりました。

お二人の学会デビューに立ち会え、
自分自身の学会デビューの時のことを思い返していました。
最初に発表した時は、誰かから何か言われやしないか、
という緊張(これは見栄から来る恐怖だと思いますが)でがちがちに
なっていた覚えがあります。

そんな私に比べると、
お二人はしっかりとご発表され、
質問にも誠実に答えておられました。
これからもガシガシ研究して、発表していってほしいと思います。
私も負けじとがんばらねば!
スポンサーサイト

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。