スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院 観光創造専攻を受験される方へ

北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院
観光創造専攻を受験される方へ、と題して書かせていただきます。

これは、特に修士課程を受験される方に
是非ご一読いただきたいと思って書くものです。
もちろん、博士後期課程を受験される方もご覧いただければ幸いですが、
博士後期課程に進んでおられる方には、釈迦に説法になると思います。

一点注意事項ですが、
この記事は、私、岡本健が個人的に思うことを書かせていただくのであって、
北海道大学や観光創造専攻の公式見解とは異なります。
また、先生方によっては違うお考えをお持ちの方もいらっしゃると思います。
この点ご注意いただいた上で、参考にしてくだされば幸いです。

さて、北大の観光創造専攻には、
直接つながった学部はありません。
北大の学部を見渡しても観光学部は存在しません。

かく言う私も出身は北海道大学の文学部です。
心理システム科学コースで認知心理学をやっていました。

もちろん、様々な学部で観光にかかわることをやっている
先生はおられます。
たとえば、文学部では地域システム科学コースで観光にかかわる研究が行われています。
他にも、経済学部や農学部、工学部などでもそれぞれのご専門から
観光にかかわる研究がなされています。

北大の観光創造専攻を受験するにあたって、
観光学部を出ている必要はありません。
先ほど述べましたが、私も心理学をやっていました。
修士課程から観光創造に入り、
アニメの聖地巡礼を事例として扱った修士論文を書き、
博士後期課程では、この研究を進めて博士論文を書きました。

また、どこの大学を出ているから有利とか不利とか
そういうことはありません。
私は北海道大学の出身者ですが、
同級生(修士課程一期生)で現役で北大から修士課程に上がった人は、
私一人でした。
他にお二人いらっしゃったのですが、
お一方は東京の私立大学、お一方は北海道内の大学の方でした。
むしろ、北大生のほうが少なかったということです。
(後の方は、多くが社会人の方で、留学生の方が若干名いらっしゃいました。)

後輩の学生を見ていても、北大からだけでなく、
さまざまな大学から来ておられます。
それも観光学部からだけではありません。

つまり、これまで何を専門にしていたか、
どこの大学に在籍していたか、
ということに、比較的縛られません。

また、観光創造専攻では、指導教員を入学後に決定し、
決定後についても集団指導体制をとる、
というシステムをとっています。

今回の記事で一番強調したいのは、
このことに関してです。

上のことを逆に言うと、入学前に指導教員を決定しなくても受験でき、
指導教員を決定したのちも、その他の先生のご指導も受けられる、
ということになっているわけですが、
是非、受験を検討される場合は、
事前に指導教員を定める努力をしていただければと思います。

これは何も難しいことではありません。
北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院
のホームページの教員紹介のところに各先生のメールアドレスが書かれています。
先生にメールをして、研究の相談に行きましょう。

北海道だから遠い、ということであれば、
先生方のご予定を伺い、近くにご出張される際にでも、
お時間をいただくことができるかもしれません。

あるいは、入試説明会が東京でも開かれますので、
その際に個人的に面談をお願いすることもできます。

とにかく、修士課程に入る前に、自分が修士に入って何をするのか、
どういう研究がしたいから修士に入るのか、
どの先生に指導教員をお願いするのか、
といったことを、できるだけきっちりと考えて、
受験されることをおすすめします。

「なんとなく、観光のことが学びたいので」
という動機でも最初は構いませんが、
是非入試の段階で、様々な情報を集め、
考えを深めてください。

修士課程の2年間はとても短いものです。
就職活動がある方の場合は特にそうで、研究できる期間は本当に短いものです。

指導教員を正式決定するのは入学後なのですが、
その前から、指導してもらう先生を決め、
ゼミなどに出席して、自分の研究テーマについて
先生や先輩からいろいろと意見をもらった方が良いと思います。

これをしておかないと、
修士論文のテーマがなかなか定まらなかったり、
先生からご指導をいただく時間が短くなってしまったりで、
自分で満足のいく修士論文をまとめる時間が少なくなってしまいます。

もちろん、入ってみて、テーマが変わってもかまいません。
指導教員を変えてもかまいません。
かく言う私も、当初予定していたテーマと、
お世話になろうと思っていた指導教員の先生は、
最終決定の段階で変わりました。

これは制度上できることになっているわけですから、
何も問題ありません。

ですが、その都度その都度、自分の意志で
「このテーマでやりたい」
「この先生にお世話になりたい」
ということを考え、先生にお願いし、決定することが重要です。
そうすることで、考えは深まっていきますし、
どういった方針で研究をやっていくのか、ということが定まってきます。
これをやらないと、いつまでもふらふらしてしまうことになります。

もちろん、集団指導体制ということで、
色々な先生のところに相談に行っても良いのはそうなのですが、
やはり、メインで指導してくださる先生は、
本気になって「この学生を指導しよう」と覚悟を決めてくださっています。
ですから、こちらも本気で「よろしくお願いいたします!」というのがスジです。
繰り返しになりますが、これは他の先生の話を聞きに行ってはいけないとか、
指導教員の言うことに黙って従えとか、そういう意味ではありません。

「指導教員はとりあえずこの先生にしておいて、
面白そうなプロジェクトがあったら、違う先生の言うテーマにのっかろう」
というような態度は、指導教員の先生の覚悟に対して、
非常に失礼なことになりますし、
何より、皆さん自身が先生方の指導方針の違いによって
翻弄されてしまうことがあり得ます。

せっかく二年を大学院で過ごすのですから、
満足のいく研究をしたいですよね。
そして、自分の考えを持って進んでいける人間になりたいですよね。

是非、自分が「これをつきつめたい!」
と思えるテーマを設定し、
「この先生にご指導いただきたい!」
と思う先生に事前にお会いしてから受験してください。

修士課程を受験したい、と連絡して、
「会いたくない」という先生はいないと思います。
皆さまの観光創造での時間が充実したものになりますよう!!
スポンサーサイト

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。