スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本地域学会第48回(2011年)年次大会で指定討論者をさせていただきます。

2011年10月8日(土)~10月10日(月)
の日程で、和歌山大学にて開催されます
「日本地域学会 第48回(2011年)年次大会」に、
指定討論者として参加させていただきます。

10月10日(月) 8:45-12:00の特別セッション
「買物行動と回遊モデルⅡ」の一部である
「大川木工まつりを例とした大規模イベントの集客効果の計測」
というご発表の討論者です。

「大川木工まつりを例とした大規模イベントの集客効果の計測」は、
斎藤参郎先生のご発表です。

詳細は、日本地域学会の学会ホームページをご覧ください。

日本地域学会
http://jsrsai.envr.tsukuba.ac.jp/index_jap.html

私で、指定討論者が務まるのかどうかというのは
学界の指定討論者というのは始めてですので良くわかりませんが、
ご指定いただいたからには、お役が務まるよう、
頑張りたいと思います。

この論題で、私が選ばれるのは何故か
ということを考えてみますと、
セッションのタイトルに「回遊」と入っていることと、
観光やイベント関係のご研究であることでしょうか。

私がこれまでに書いたもので、
回遊と入っているのは、『日本建築学会』で
発表した以下のものです。

岡本健(2009)「来訪者の回遊行動を誘発する要因とその効果に関する研究:
埼玉県北葛飾郡鷲宮町における「飲食店スタンプラリー」を事例として」

【要旨】http://hdl.handle.net/2115/43891
【スライド】http://hdl.handle.net/2115/39123

鷲宮で行われた、らき☆すたの飲食店スタンプラリーについてまとめたものです。

また、日本地域学会では、
以前に以下の内容で発表をさせていただきました。

岡本健(2009)「情報社会における旅行者と地域住民の関係構築のあり方に関する研究:
埼玉県鷲宮町で見られるアニメ聖地巡礼行動を事例として」
『日本地域学会第46回(2009年)年次大会学術発表論文集』CD-ROM
(以下URLから要旨およびスライドをダウンロードできます。)

【要旨・スライド】http://hdl.handle.net/2115/39592

土師祭に関することで、発表をいたしました。
土師祭の担ぎ手アンケートをまとめて、
旅行者と地域住民の関係構築がどのようになされているのか、
について論じました。

発表した際には、色々とご指摘をいただき、大変勉強になりました。
論文化もお勧めいただいたのですが、
まだまだ私の研究がその次元になく、
また、別の論文や書籍の締め切りがあったので、
その時は泣く泣く辞退しました。

この時の日本地域学会の発表から
かなり発展させて書いたのが、

岡本健(2011)「新たなつながりを創出する情報社会の旅行コミュニケーション
―コミュニティオブインタレストと地域コミュニティの出会い」です。

【本文ダウンロードURL】http://hdl.handle.net/2115/44957

こちらは、
山北輝裕・谷村要・稲津秀樹・吹上裕樹(編)『KG/GP社会学批評 別冊: 共同研究成果論集』
のpp.77-95にご掲載いただいたものです。

次の叢書には、この論考に本年の土師祭のことを含めて
書いたものを掲載します。
スポンサーサイト

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。