スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HUSCAPに日本情報経営学会第61回全国大会の発表スライドをアップしました。

2010年11月20日~11月21日に開催されました、
日本情報経営学会(JSIM)の第61回全国大会(於:熊本学園大学)にて
発表させていただいたスライドをHUSCAPにアップいたしました。

HUSCAPとは、北海道大学学術成果コレクション
(Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers)
の略称で、北海道大学の図書館がおこなっているサービスです。
北大に所属する先生や院生が発表した論文や資料などが無料でダウンロードできます。
(ただし、学術雑誌の場合、実際に掲載されているものではなく、
著者版であることも多いので、引用などの際は元の論文集にもしっかりあたった方が良いです。)

「CGM観光情報による旅行行動の再生産メカニズム:
埼玉県久喜市および滋賀県犬上郡豊郷町へのアニメ聖地巡礼を事例として」
http://hdl.handle.net/2115/44793

上のURLからダウンロードしてご覧いただけます。
久喜市、と書いていますが、埼玉県北葛飾郡鷲宮町のらき☆すたでのまちおこしの話です。
滋賀県犬上郡豊郷町は、けいおん!の聖地とされている場所です。

個人が情報通信技術で発信する情報によって
旅行行動がはじまり、そこからまちおこしに発展していく、
そういう展開が見られる二つの事例を比較しました。

2009年の8月に両地域で実施させていただいた質問紙調査の結果をまとめてあります。

主に旅行情報源についてが
今回の発表の新たな発見です。

旅行情報源について、
インターネットが多い、というのは
どちらにも共通します。

そして、どちらでもファンのブログやホームページを
情報源にして訪れている方がいらっしゃいました。

違う点が以下です。

鷲宮町の場合は、
鷲宮商工会や幸手市商工会といった地域の組織のホームページと、
角川書店というコンテンツホルダーのホームページが、
そして、
豊郷町の場合は、
「今日の部室」や「アッホーブログ」といった地域の個人のブログ
が情報源となっていました。

つまり、同じようなコンテンツを動機としていて、
旅行者層(ファン層)も似ているコンテンツで比較をしても、
著作権者が舞台になっていることを認めているかどうかや、
地域側で体系的な情報発信をしているかどうか、
といったことによって情報源は変わって来る、
ということがわかりました。

ちなみに今日、明日は北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院 観光創造専攻
博士後期課程の面接入試です。
あれから2年、早かったなぁ。
ついこの間のようにも思いますし、
何年も前のようにも思えます。

[キーワード]
CGM観光情報(CGTI: Consumer Generated Tourism Information)
旅行行動の再生産
らき☆すた(Lucky☆Star)
埼玉県北葛飾郡鷲宮町(現:久喜市)
けいおん!(K-ON!)
滋賀県犬上郡豊郷町
アニメ聖地巡礼(Anime Pilgrimage)
旅行の情報源
スポンサーサイト

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。