スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本観光研究学会第25回全国大会で発表してまいりました(その2: 今回の学会の感想)

2010年12月4日、2010年12月5日に文教大学の湘南キャンパスで開かれた
第25回日本観光研究学会全国大会で発表してまいりました。

今回は、日本観光研究学会の初の試みということで、
「ミニセッション」というのが設けられていました。
これは特定のテーマで発表を募集し、
それに応募した発表者の発表を隣接させ、
通常の発表に加え、
統一論題を用意して、発表者全員が前に座り意見を述べ、
短いシンポジウムのような形で実施する、というものでした。

テーマは
1「若者と観光」
2「地域アイデンティティと観光」
3「食ブランドと観光」
の3つでした。

私は1の「若者と観光」に応募したところ、
ミニセッションに加えていただくことができました。

「若者と観光」セッションでは以下の4つの発表が行われました。

1.コンテンツツーリズムにおける若者の観光情報行動の特徴に関する研究
―開拓的アニメ聖地巡礼者による情報発信行動に着目して―
岡本健

2.海外旅行の阻害要因の検討を越えて
―若者の海外旅行離れ「論」への試み―
西村幸子・井典子・中村哲

3.若者の海外旅行に対する意識
―東アジア地域の比較―
鎌田裕美・金春姫

4.「若者と観光」のメディア史
―戦後日本における海外観光旅行の変遷を問う―
山口誠

私が発表で用いたスライドは次のURLからダウンロードしてご覧いただけます。
http://hdl.handle.net/2115/44386

発表要旨は、以下の論集に掲載されています。
『第25回日本観光研究学会全国大会学術論文集』pp.1-4

手法や目的などがかなり違った4本の発表だったのですが、
コーディネーターの先生のうまいお導きもあり、
とてもまとまったセッションだったように思います。

発表者であった私も他の皆さんのご発表から刺激を受けることが多かったですし、
新たな関連を見出すこともできました。
こうした試みは是非今後も続けていただきたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。