スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HUSCAPの月間ダウンロード記録(2010年8月)

毎月届くHUSCAPの月間ダウンロード記録が届きました。

HUSCAPに登録すると、こういうメールがいただけるのです。
とてもありがたい!

来たデータは以下の通りです。
2010年8月のダウンロード数です。
それにしても、たくさん登録させてもらってるなぁ。


論文名:A Study on Impact of Anime on Tourism in Japan : A Case of "Anime Pilgrimage"
合計:4

論文名:The role of student volunteers in tourism and building up a sustainable operating system : the "Providing Information and Knowledge Model" and the "Common Pleasure Model"
合計:11

論文名:こだわりの旅「ヲタクツーリズム」
合計:20

論文名:アニメを動機とした旅行行動の実態に関する研究 : アニメ聖地巡礼研究および調査の整理を通して
合計:24

論文名:アニメーションと地域振興
合計:16

論文名:アニメーションと地域振興のあり方について : アニメのファンから地域のファンへ
合計:12

論文名:アニメーション作品が観光振興に与える影響に関する研究. その1, アニメ聖地巡礼の誕生と展開
合計:18

論文名:アニメ聖地における巡礼者の動向把握方法の検討 : 聖地巡礼ノート分析の有効性と課題について
合計:25

論文名:アニメ聖地巡礼行動における旅行者の情報環境に関する研究
合計:113

論文名:コンテンツ・インデュースト・ツーリズム : コンテンツから考える情報社会の旅行行動
合計:87

論文名:ホスピタリティ研究における分析枠組みに関する一考察 : ホスピタリティ認知研究とその研究課題について
合計:11

論文名:交流を促進する観光 : アニメ聖地巡礼から考える
合計:47

論文名:北大ピアサポートの「これまで」と「これから」
合計:126

論文名:情報化が旅行者行動に与える影響に関する研究 : アニメ聖地巡礼行動の事例分析から
合計:18

論文名:情報化時代における旅行コミュニケーション : つながらないはずの人々のつながりの創出
合計:7

論文名:情報化社会における旅行者行動の特徴と地域に果たす役割 : アニメ聖地鷲宮町の事例から観光資源の協働型管理の可能性を考える
合計:8

論文名:情報化社会における自律的観光のあり方に関する研究 : アニメ聖地巡礼者の旅行行動の特質とその課題
合計:29

論文名:情報文化としてのアニメ聖地巡礼
合計:38

論文名:情報社会における旅行者と地域住民の関係構築のあり方に関する研究 : 埼玉県鷲宮町で見られるアニメ聖地巡礼行動を事例として
合計:7

論文名:情報社会における旅行者の観光創出のあり方に関する研究 : アニメ聖地巡礼者の自律性に着目して
合計:8

論文名:情報社会における旅行行動の特徴に関する研究 : アニメ聖地巡礼と大河ドラマ観光の比較・検討を通して
合計:13

論文名:情報社会における観光コミュニケーションのあり方に関する一考察 : 埼玉県久喜市鷲宮神社周辺地区(旧鷲宮町)と滋賀県犬上郡豊郷町の事例分析から
合計:20

論文名:旅行者の観光資源に対する認識の変化に関する研究 : 豊郷小学校旧校舎群における来訪者の認識変化について
合計:47

論文名:来訪者の回遊行動を誘発する要因とその効果に関する研究 : 埼玉県北葛飾郡鷲宮町における「飲食店スタンプラリー」を事例として
合計:13

論文名:観光地における持続可能なボランティア組織の条件 : 北大キャンパスビジットの事例から
合計:11

論文名:観光地域ブランディングと旅行コミュニケーション
合計:142

論文名:観光客と地域住民の社会的相互作用に関する研究 : 交換理論の適用可能性の検討
合計:21

論文名:観光情報革命時代のツーリズム (その4) : 旅行情報化世代
合計:19

論文名:観光情報革命時代のツーリズム(その2) : 観光情報革命論(破)
合計:5

論文名:観光旅行者のホスピタリティ認知計測に関する研究 : アニメ聖地巡礼ノートの分析から
合計:30

論文名:観光行動中に観光者が得る情報に関する一考察 : 観光現象を分析するための情報理論の構築に向けて
合計:12

以上の文献はすべてHUSCAPからダウンロードしてご覧いただけます。

「HUSCAP」
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/index.jsp

皆さん色々とお読みいただいていて、ありがとうございます。

今回、『北大ピアサポートの「これまで」と「これから」』が
突然ダウンロード数伸びました。
聞くところによるとどっかで叩かれてたらしいです(笑)

このスライドは研究発表というより、
名古屋工業大学さんでやった「ぴあのわ」という
ピアサポート同士の交流用のスライドでした。

どうやって叩いてたんだろうか、
アニメのセリフとか入れてたから?(笑)
少しでも皆さんのネタになってお楽しみいただけたなら幸いです(笑)

鷲宮ブランドの成立についての学会発表
『観光地域ブランディングと旅行コミュニケーション』
http://hdl.handle.net/2115/43763
たくさんの方にお読みいただきました。
ありがとうございました!

これは、日本ホスピタリティ・マネジメント学会で発表したものです。
8月に出したばかりということもあり、
多くの方に見ていただけました。

ずっと前に出しているけれど、ずっとダウンロード数が高いのが
『アニメ聖地巡礼行動における旅行者の情報環境に関する研究』
http://hdl.handle.net/2115/38537です。これは観光情報学会で初めて発表した時のものですね。
金沢の温泉街での発表でした。

有名なブログかホームページで
取り上げていただいているようです。
ありがとうございます!

この時に北大の先生(観光ではない)から
「情報環境より、情報行動を調べたほうが良いのでは?」
という指摘をいただいて、すごく勇気づけられたんだよなぁ。
当時は鷲宮の研究をしていたけれども、
とにかく「これは面白い!この現象は画期的!」
というのが前面に出てて、なかなか研究としてどうやっていくか、
っていうところですごく悩んでいて、
色々な学会で発表しまくっていた時期だった。

意外に多いのが、立教大学の学生さんと共同研究した成果、
『旅行者の観光資源に対する認識の変化に関する研究 : 豊郷小学校旧校舎群における来訪者の認識変化について』
http://hdl.handle.net/2115/39931
日本観光研究学会で発表したものです。
けいおん!の舞台、豊郷小学校での来訪者アンケートの結果から、
ヴォーリズ建築にどれだけ興味を持ったか、というのを見てみました。

残念ながらこの学会は、発表論文をHUSCAPで公開することが許されていないので、
スライドのみご覧いただけます。
学会発表論文集については、どこかの大学図書館や、国立国会図書館にあるかと思います。
Webcat Plusで探してみてください☆
もし、ご希望の方いらっしゃいましたら、
ご連絡いただければ、コピーで良ければさしあげます(^^)

今回、もし初めて岡本の研究をご覧になられた方は、
以下のものが一番まとまっていますし、
コンテンツ文化史学会というところの学会誌に査読を経て
掲載されましたので、ひとまずこれをお読みいただくのが良いかと思います。

『コンテンツ・インデュースト・ツーリズム : コンテンツから考える情報社会の旅行行動』
http://hdl.handle.net/2115/43181

コンテンツ文化史学会は、学会誌に載った論考も
HUSCAPで公開OKなんですよ!なんと有難い!!
広く皆様にお読みいただけるのは有難いことです。

もちろん、書籍化するから公開ダメ、とか
それならわかりますけどね。
今後電子書籍云々とかあって、どうなっていくか興味深いところですが。

HUSCAPに上がっていないものも(書籍に掲載されているものなど)ありますので、
もし「これが欲しいんだけどどこにあるかわからない」ということなど
ありましたら、ご連絡いただければと思います。

今回改めて、ダウンロード数を見ると、
自分がどんな学会発表したり、論文を出したりしてきたのかが見れて、
現在の状況が再確認できました。
今後もがんばるぞ!

とりあえず土師祭調査に向けて準備だ!
スポンサーサイト

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。