スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コンテンツ文化史研究」の3号が刊行されます!!

コンテンツ文化史学会の学会誌
「コンテンツ文化史研究」の3号が出ます。

詳しくは以下のURLで!

「コンテンツ文化史学会‐『コンテンツ文化史研究』3号のお知らせ」
http://www.contentshistory.org/2010/06/21/742/

これまで、創刊号、二号、と
面白い論文やためになる書評満載で学会誌が出てきています。
いつも楽しみにしている学会誌です(^-^)

今回は聖地巡礼特集とでも言える号です!!

「コンテンツと場所」という特集になっていて、
以下の論考が採録されています。

〈依頼論文〉
玉井建也「物語・地域・観光―「稲生物怪録」から『朝霧の巫女』、そして「聖地巡礼」へ―」

〈投稿論文〉
岡本健「コンテンツ・インデュースト・ツーリズム―コンテンツから考える情報社会の旅行行動―」

今井信治「コンテンツがもたらす場所解釈の変容―埼玉県鷲宮神社奉納絵馬比較分析を中心に―」

玉井先生は創刊号で「かみちゅ」の聖地
尾道に関する論文を書かれていました。
今回は「朝霧の巫女」の三次について書かれていて、
自分も調べている地域なので、参考にさせていただけそうです。
稲生物怪録ってとても面白い話なのですよ。
自分ではとてもこういった歴史的な話をまとめる自信が無く、
「どうしたものかなぁ」と思っていたところ、
玉井先生がしっかりとまとめてくださっているので、
良かったです!皆さん、是非読んでみてください☆

こないだ買ったトンデモ本では、
稲生物怪録は、エイリアンアニマル(エイリアンが飼ってる動物)
との遭遇譚だ!みたいな素敵な分析もなされていました。

有難いことに、私の論考も掲載していただきました。
初めて投稿させていただいたところ、
拙稿を大変丁寧にご査読いただきまして、
非常に勉強になりました。ご査読いただき、
ご指摘をくださった、査読委員の先生方、
本当に有難うございました。

実は、学会論文(叢書除く)で、ここまで聖地巡礼一色で書いたのは
今回が初めてです!(「HOSPITALITY」に掲載された論文では
一部書きましたが、本筋ではありませんでした。)
感動も一入です!

今井先生は、CATS叢書にも絵馬分析の論考をお書きいただいた方で、
鷲宮神社の絵馬分析をさらに詳細に
やっていただいているのでは無いでしょうか。
しっかりと実データを丹念に調べて、その上での論考ですので、
今井先生の論考はいつもとても楽しみにしています。

残念ながら6月26日はこちらの洞爺湖フォーラムがあり、
コンテンツ文化史学会の例会には行けないのです(-_-;)
残念…。例会の内容もとても面白そうなのです。

「趣味文化研究の作法」
というやつで、
極めて重要な問題です。
自分も常々問題あるよなぁ、
と思っていたことなので、
是非参加したかったのですが…。
無念であります(-_-;)
スポンサーサイト

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。