スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関学さん主催の研究会のスライドをHUSCAPにアップしました。

【関西学院大学社会学GP 第8回研究会「アニメ聖地となる<ストリート>」】
http://www-soc.kwansei.ac.jp/kgu-gp/gp-blog/2010/01/20100124-2.html

2010年1月24日に開かれました、
関西学院大学社会学GP 第8回研究会「アニメ聖地となる<ストリート>」。
コンテンツは以下の通り

☆『萌えアニメによる新しい町おこし』
 松本 真治(鷲宮町商工会 経営指導員)
☆『情報化時代の旅行コミュニケーション
~埼玉県鷲宮町の土師祭「らき☆すた」神輿の事例から~』(タイトル変更)
 岡本 健(北海道大学国際広報メディア・観光学院観光創造専攻 博士課程)
☆『「趣味」を包摂する場としての「アニメ聖地」』
 谷村 要(関西学院大学大学院社会学研究科大学院GP リサーチアシスタント)
● コメンテーター: 森川 嘉一郎(明治大学国際日本学部 准教授)

いつもお世話になっている鷲宮町商工会の松本真治さんから
いつも通り楽しいスライドとビデオ上映でした☆
「鷲宮物語~序章~」や、「鷲宮物語(予告編)」
が会場で上映されました。

序章の脚本に携わったものとしては、
見てくださった皆様が笑ってくださるのが
とても嬉しいです(^-^)

そのあたりの経緯に関しては、
近々出る予定のCATS叢書4号にて、
対談と言う形でまとめておりますので、
楽しみにお待ちくださいませ♪
鷲宮町で開かれた萌フェスの時に
同時開催で、北海道大学観光学高等研究センターによる
観光創造フォーラムが開かれており、
その時にも、同様の発表をしてくださったのです☆
そのお話をまとめたものが叢書4号に載ります。

まちおこしの経緯については
CATS叢書(観光学高等研究センター叢書)1号にも
書かれておりますので、そちらもご参照ください(下記URL)。

【メディアコンテンツとツーリズム : 鷲宮町の経験から考える文化創造型交流の可能性】
http://hdl.handle.net/2115/38119

私は、松本さんによる鷲宮町の解説を受けて、
土師祭のらき☆すた神輿を主に取り上げ、
旅行行動が情報化していることと関連付けて、
今後の「旅行コミュニケーション」のあり方は
どのようになるかを考えていただくきっかけを提示
させていただきました。

インターネットの発達により
旅行者が得たり、発信したりする情報は格段に増えました。
それにより、旅行者側の価値観で、とある地域が旅行目的地化し、
地元の人があまり知らないうちに、旅行者が集まる、といったことが
起きる可能性があります。

そうした時に、旅行者と地元の方々や、旅行者同士は、
どのようなコミュニケーションを取るようになっていくのでしょうか。
これが問題意識です。

下記URLから、今回の研究会で配らせていただいた資料と
発表したスライドをダウンロードしてご覧いただけます。

【情報化時代における旅行コミュニケーション : つながらないはずの人々のつながりの創出】
http://hdl.handle.net/2115/42588

谷村先生は、松本さん、私の発表をさらに社会学的に展開されております。
面白い見方で、ついつい話に引き込まれました!

ご来場いただいた方々とも色々お話できて、
非常に有意義な時間を過ごさせていただきました。
およびいただきまして、本当に有難うございました!
スポンサーサイト
プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。