スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回旅行行動研究会をおこないました(2010年1月14日)

今年初めての旅行行動研究会をおこないました(2010年1月14日)。

今回も今までどおり「観光旅行の心理学」(佐々木土師二 著)を読みました。
今回は、6章の途中から、終章まででした。

早いもので、一冊終わってしまいました。
何度か読んだ本だったのですが、
やはり他の人と読むと、
疑問に思うところが違っていて勉強になりました。
自分だとすっと読み飛ばしてしまうところでも、
「これなんか変じゃないですか?」
と問われ、「え~っと、う~ん…、確かになぁ」
ともう一度考える機会になります。

一冊終わったので、次に何をしようかと考えました。

とりあえず、一冊読んで議論をし合ったということで、
以前とどれぐらいデータや事象の見方が変わったかを
確認する意味で、メンバーそれぞれが興味のある旅行行動
についての統計を調べてみよう、ということになりました。

集まっているメンバーは本当にそれぞれ全然違うことを
やっていて、ただ、研究の興味が旅行者や旅行行動にある、
というだけです。

北大の観光創造専攻はホームページ(下記URL)を見ていただいても分かるように、
「観光創造専攻で学ぶ学生は、単一のディシプリンに沿って勉強するのではなく、
自ら研究課題を見つけ、それに応じた研究方法論を選択し、
必要な知識を身につけながら、その課題の解決を目指していかねばならない。」
【観光学高等研究センター】 http://www.cats.hokudai.ac.jp/graduate/ より引用

という大学院です。
その分苦労することもあるわけですが、
旅行行動研究会をやっていて、
「良い場だなぁ」と思うのは、分野やら考え方が
全然違う人びとが集まって、考え方を自由に交換したりできるところです。
何か一つのテキストや、理論、考え方、などを元に、
それぞれがどう感じるか、それぞれがそれをどう使うか、
そういったことが生で見られるのは、
本当に楽しい経験です。

皆で一冊本を読み、それぞれが考えたので、
その上で、データなどをどのように見て、
そこからどのように考えるのか、
今後の展開が大変興味深いです(って私もやるのですが(笑))。
スポンサーサイト

テーマ : 研究会・勉強会
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。