スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ聖地巡礼に関する研究会のお知らせ!(2010年1月24日開催)

アニメ聖地巡礼に関する学術的研究会が開催されます。
これまで、我が北海道大学も鷲宮町を中心にして
フォーラムを行ってまいりました。

また、コンテンツ文化史学会さんのほうでも、
東京を中心に研究会をされておりました。

ついに、関西で開催されます。

関西学院大学大学院 社会学研究科主催の
「アニメ聖地となる<ストリート>」
という研究会です。

詳細は下記URLから、ごらんくださいませ!

共同研究「東アジアのストリートの現在」
第8回研究会「アニメ聖地となる<ストリート>」
http://www-soc.kwansei.ac.jp/kgu-gp/gp-blog/2009/12/20100124.html

2009年1月24日に
TKP大阪梅田ビジネスセンター・カンファレンスB1A室
にて開催されます。

鷲宮町商工会の松本真治さん、
そして私、北海道大学大学院国際広報メディア観光学院 観光創造専攻 博士後期課程の岡本健、
関西学院大学大学院社会学研究科RAの谷村要先生、
それぞれが発表をし、
コメンテーターには「趣都の誕生」の森川嘉一郎先生が
来てくださいます。

以下、上記URLのホームページからの抜粋です。

趣意:
 変動するコミュニケーション状況の中で、<ストリート>において誰と誰が出合い(あるいは出会えず)、交わり(あるいは交わらず)、つながり(あるいはつながらず)、その場所性が創発されていくのか?
 本研究会では特にメディアを通じて流通するコンテンツやコミュニケーションが介在した現象に着目し、その問いに迫ることを目的とします。その事例として、「(アニメ)聖地巡礼」を取り上げます。
 「(アニメ)聖地巡礼」とは、アニメファンによるアニメ作品のモデル地域への訪問や旅行を意味する言葉として近年用いられており、この動きを地域振興に活用しようとする市町村が登場しています。埼玉県北葛飾郡鷲宮町はその地域振興が特に「成功」したとされる地域ですが、そこでは、どのような担い手たちが、いかなるプロセスを経てこの現象に関わっているのでしょうか。本研究会ではこの鷲宮町にかかわる実践者・研究者をお呼びし、さまざまな位相からこの問いを考察することを目的とします。

抜粋以上。

ということで、参加申し込みが必要のようですので、
参加希望の方はホームページからお申し込みを
よろしくお願いいたします!

今年の初詣もすごいことになりそうな
埼玉県鷲宮町の鷲宮神社ですが、
鷲宮町でファンの方々と商店主さんが
関わりを持っていたり、
商工会にファンがボランティア部として
参画されていたり、という通常の観光地では
起こり得ないことが起こっています。
そういった事を知っていただきたいなと考えています。

なんとか、皆さんに満足いただけるような会に
したいと思っております!よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 研究会・勉強会
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。