スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兄目見太郎のアニメ関連文献紹介(その1)

兄目見太郎のアニメ関連文献紹介を始めてみようと思います。
3日坊主にならないことを祈ります…。

アニメについての研究がなされた本というのは、
それほど多くないのですが、でも、面白いことに
本の一章で、すごく面白いアニメ関連の研究があったりするものなのです。

そういった、本のタイトルからはわからない、
でも、アニメのこと書いてある!というような文献をご紹介していきたいと
思います。とは言え、すぐネタが無くなるはずなので、メジャーどころも紹介したいと思います。

本日ご紹介するのは、次の一冊。

【タイトル】 「テレビドラマのメッセージ 社会心理学的分析」
【著者】 岩男壽美子
【出版社】 勁草書房

テレビドラマを社会心理学的に分析した本なんだな、と思った次第です。
これをアニメに置き換えれば、自分の研究に応用できるかも!
というよこしまな考えで購入いたしました。

それが!のっけから裏切られました。
この本の「ドラマ」というのは、アニメやマンガなどのストーリーがある番組を含んでいるのです!
もうやってるやん!ということで、読み進めます。

テレビ番組が暴力行動に影響を与えるかどうか、というのが
結構大きなテーマとしてとりあげられましたが、そういったことをテレビドラマの
内容を分析することで、解明しようという本です。
1977年、1980年、1983年、1986年、1989年、1994年に調査をしています。
それぞれ7月14日~7月20日の17時から23時までのNHK総合、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日で放映されたドラマを分析しています。

番組総数665本、延べ放映時間411時間53分だそうです。
すごい量です。

巻末には1977年と1994年の分析番組表が掲載されています。

見てみますと、1977年は、
ヤッターマン、ガッチャマン、ボルテスV、超合体魔術ロボギンガイザー、氷河戦士ガイスラッガー
みつばちマーヤの冒険、サザエさん、まんが世界昔話
などなど、面白そうな作品が多々並んでおります。自分はまだ生まれて無いです。

1994年を見ると、ばっちり自分の少年時代のアニメです!
当時11歳とかですので、完全にストライクですね。

スラムダンク、美少女戦士セーラームーン、Gガンダム、勇者警察Jデッカー
オレンジロード、クレヨンしんちゃん、キテレツ大百科、七つの海のティコ、
アンパンマン、ドラえもん、クッキングパパ、幽・々・白・書などなど

めちゃくちゃ懐かしいです!!

今後も無理せず続けていきたいと思います。
よろしくお願いいたします!
スポンサーサイト

テーマ : 萌え学
ジャンル : サブカル

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。