スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うれしい話!(長野県大町市木崎湖にて)

うれしい話がありました!

「おねがい☆ティーチャー」「おねがい☆ツインズ」の舞台となっている
長野県大町市木崎湖での話です。

とてもお世話になっている旅館がありまして、
そこの女将さんから連絡をいただきました。

香港から来た留学生がつい先日
その宿にお泊りになられたそうなのですが
(アニメファンと思われます)、
なんと、私のことを知っていてくださったそうです!!

留学生の方ということなので、きっと日本にいらっしゃって情報を得られたのだと
思いますが、海外の方にも知っていただけているのは有り難いです。
情報革命万歳、というところです。

一応2009年5月の国際会議
(『2nd International Conference on Impact of Movies and Television on Tourism』)
にも下記の論考を出しましたが
(ただし新型インフルエンザのため、発表はできず…)、
もしかしたら、この影響かも!とも考えています。香港の方ということで。

『A Study on Impact of Anime on Tourism in Japan : A Case of "Anime Pilgrimage"』
Okamoto, Takeshi

http://hdl.handle.net/2115/38539

全然英語が得意ではないので、参ってしまいますが、
やはり英語で文献を書くと、読んでくれる人の数が増えますね(上記会議資料用原稿
のアクセス解析をすると、インドやらアメリカやら、色々なところからダウンロードされています)。
特に研究者だけでなく、海外のファンの方にも情報発信ができると、とても良いなと思います。

日本に来るきっかけはなんであっても、そこで日本人と触れ合って
国際交流が進めば、OKだと思います。
変に硬く「国際交流会議」とかやるよりも、
「アニメ好きで来ちゃった!」
「らき☆すた好き!かがみサイコー!だから来た。」
みたいな付き合い方をする方が仲良くなれるような気がします。

もちろんアニメに限らず。
「茶道ってなんかかっちょいいよね」
「着物キレイだから着てみたい」
「忍者や侍ってクールだよね」
という軽いノリで来ていただくのも悪くは無いと思います。

その代わり当地では、きっちりと迎える準備をしておかなければなりませんね。
軽いノリで来ていただいて、楽しんで帰っていただくのだけれども、
本質にも多少触れていただき、
何か認識が少しでも変わってもらえればいいですよね。
それが旅の本質かと。

リピーターのことを考えても、
「思っていたのと違った」
「なんだかもっと奥の深いものらしいぞ」
というのを感じさせることは、
「また行かなきゃ!」
と思ってもらえるので、良いかなと思います。

きっかけはノリ
やりだしたらマジ

これは結構色々なことに使えることかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。