スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本観光研究学会で発表したポスターをHUSCAPに登録していただきました。

日本観光研究学会で2008年5月31日にポスターセッションで発表したものを
HUSCAPにアップしていただきました。
例によって現段階ではポスターのみです。

「観光行動中に観光者が得る情報に関する一考察 :
  観光現象を分析するための情報理論の構築に向けて」


http://hdl.handle.net/2115/38725

発表要旨に関しては、下記の論文集に掲載されています。

『要旨情報』
【タイトル】観光行動中に観光者が得る情報に関する一考察―観光現象を分析するための情報理論の構築に向けて―
【著者】岡本健・山村高淑
【掲載誌】第23回日本観光研究学会全国大会学術論文集
【掲載ページ】pp.483-484

社会心理学や認知心理学、基礎情報学などの視点を盛り込んだ
旅行者の認知について書いたものです。
今見るとなんともざっくりした感じですが、
「この時期からこんなこと考えてたのか」
と、なかなか面白いです(面白いのは多分私だけですがwww)。
スポンサーサイト

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。