スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『n次創作観光 ―アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性』について(2013年2月17日)

2013年2月11日に
『n次創作観光 ―アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性』
を出版いたしました。

当初、発売日を「年末」や「1月中」などと
言っておりましたが、ようやく実際に出版できました。
遅くなりまして、申し訳ありませんでした。

現在、紀伊国屋書店札幌本店さんをはじめとして、
札幌や北海道の書店さん、
そして、東京中野のタコシェさん、
和歌山大学生協さんなどで販売中です。

直接お買いもとめいただくのが最も早いのですが、
お近くの書店さんに無い!という場合は、
書店さんにご注文いただいても大丈夫ですが、
現在、出版社さんのサイトから通販でお買い求めいただけます。
クレジット決済OK、今なら、送料無料、
とのことで聞いております。

NPO法人 北海道冒険芸術出版「bouken book store」
https://bouken.thebase.in/

また、アマゾンさんでもお取扱いいただいております。





★★★本の情報★★★

著者:岡本健
出版社:NPO法人北海道冒険芸術出版
定価:800円(税込)
ページ:108ページ
判型:A5判

★★★本の情報★★★

目次は以下の通りです。

****************************

第1章 不可能性の時代に可能性を探る
01 閉塞感の時代
02 再帰的な個人化/大きな物語の機能不全
03 社会の情報化とコミュニケーション
04 インティメイト・ストレンジャー
05 多元的自己と精神的中心
06 小さな物語/島宇宙/排他性
07 オタクと公共性
08 不可能性の時代の観光の可能性

コラム:アニメ聖地巡礼ガイド・西日本編

第2章 現代観光の分析視座
09 動物化する観光
10 観光とメディア
11 旅行者の特徴
12 ホスト&ゲスト
13 メディア/コンテンツ/観光
14 初音ミクとN次創作

コラム:アニメ聖地巡礼ガイド・東日本編

第3章 
15 アニメ聖地巡礼とは
16 アニメ聖地巡礼の情報探索
17 アニメ聖地巡礼の行動的特徴
18 アニメ聖地巡礼の旅行後行動
19 開拓的/追随型/二次的聖地巡礼者
20 日常系アニメと聖地巡礼

コラム:みなさまからのコメント

第4章 
21 コンテンツツーリズムとアニメ聖地巡礼
22 アニメ聖地巡礼のプロセス
23 アニメ聖地の地域住民
24 地域からの情報の新たな流通経路
25 巡礼者の表現と地域住民のホスピタリティ
26 地域文化/メディア文化/観光文化
27 ホストとゲストの超克
28 コンテンツツーリズムの研究枠組み

コラム:観光という「処方箋」

第5章 
29 n次創作観光の構造
30 つながりの創出
31 ひらかれの機会
32 いきがいの時空
33 n次創作観光のデザイン
34 観光の可能性

あとがき 私自身がひらかれ、救われたアニメ聖地巡礼研究

****************************

本書は、平成24年3月に北海道大学大学院に提出し受理された
博士学位論文『情報社会における旅行者の特徴に関する観光社会学的研究』
を元に大幅に修正を加えて出版させていただくものです。

学位論文については、下記を参照ください。
国立国会図書館に所蔵されています。
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I023770932-00

アニメ聖地巡礼というのは、
アニメの背景として描かれたところを探して訪ねる行動です。
コンテンツツーリズムというのは、
アニメやマンガ、映画、ゲーム等の「コンテンツ」をきっかけにした旅行行動や
「コンテンツ」を活用した地域振興などを指します。

通常、これらは地域振興やまちおこし、といった文脈で
語られることが多いのですが、
本書では、これを「コミュニケーション」の問題として
考えてみています。

この「アニメ聖地巡礼」という現象、
そして、それを契機としてはじまる
「コンテンツツーリズム」、
これは社会の中でどのような働きを持つのか、
そういったことを考えてみました。

現在、このアニメ聖地巡礼についての
研究を志している方、すでに行っている方が
たくさんいらっしゃいます。
それぞれの方々が様々な角度から研究をされています。

とはいえ、こうした分野は、
「色物」というふうに見えてしまう場合も多く、
まだまだ市民権を得られているとは言い難いと思います。

結局のところ、コンテンツを使ってどうやって金儲けをするか、
人を呼び込むか、というところに落とし込まれてしまう場合もあります。

ステレオタイプ的ないわゆるオタクバッシングもいまだ強く、
ついこの間もアニメ聖地巡礼のお話を某旅行会社の方にしたところ
「なんだか気持ち悪いですね~」と笑いながらおっしゃられていました。
こういう感覚で旅行会社に勤めておられる方がいらっしゃるのか、
と思うと悲しい気持ちになりましたが…。

そういう態度ではなくて、もうちょっとまじめに、正面から、
この現象を取り上げて、議論する必要があるのではないかと思います。
私は、このアニメ聖地巡礼の現象は、
もちろんアニメファンの旅行であるというオリジナリティはあると思うのですが、
ある部分は現代観光全般に一般化可能なのではないかと考えています。

ただアニメの聖地巡礼だから面白い、
ということではなく、少し広い射程で論じてみたつもりです。
ご笑覧賜れますと、有難く存じます!

また、2013年2月17日には、まんたんウェブさんにご紹介いただきました。
有難うございました!

「アニメ聖地巡礼 : 観光社会学から論じた「n次創作観光」出版」
http://mantan-web.jp/2013/02/17/20130216dog00m200029000c.html
スポンサーサイト

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。