スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンテンツツーリズム研究会第2回総会のことを取り上げてくださいました。<MANTANWEB 毎日新聞デジタル>「アニメ聖地巡礼 : 学会・自治体が注目の「コンテンツツーリズム」とは?」

コンテンツツーリズム研究会第2回総会のことを、
11月18日付でまんたんウェブさんに取り上げていただきました。

<MANTANWEB 毎日新聞デジタル>
「アニメ聖地巡礼 : 学会・自治体が注目の「コンテンツツーリズム」とは?」
http://mantan-web.jp/2012/11/18/20121117dog00m200018000c.html

「二つの基調講演が用意され、一つ目は、観光社会学を専門にする京都文教大の岡本健(たける)特別講師が「コンテンツツーリズム教育の現状と課題」をテーマに、アニメの“聖地巡礼”が学問的にどう考えられているかを説明した。・・・」

…たけるっ!?

これは本人も知らなかった新情報です(笑)
念のため、私は岡本健と言いまして、健と書いて「たけし」と読みます。
よく「けん」に間違われますが「たける」は新しいバージョンです(笑)
あと、細かい話ですが、特別講師ではなく、特任講師になります。

岡本健の研究者情報は以下ページを参照してください。
http://researchmap.jp/t-okamoto/

そのような細かい点はいいとして、
コンテンツツーリズム研究会という、
学生さんのために、鷲宮商工会さんと一緒に等身大で企画した会に
シンポジウムの登壇者として来てくださっただけでなく、
記事にしてくださり、本当に有難いです。
河村さん、ありがとうございます!

コンテンツツーリズムを研究するということは、
ただ、アニメや漫画、映画などを使って地域振興をすれば良いか、
ということにとどまりません。

現代社会のコミュニケーションの問題を考える上でも、
重要な視点を提供してくれます。

そのことについては、これまでも
いくつかの論文で触れてきましたが、
近刊(12月末~1月初旬発売予定)
『n次創作観光 ―アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性』
でまとめております。

Facebookページ『n次創作観光』
http://www.facebook.com/okamotot#!/njisosakukanko

そして、3月には、アニメ『けいおん!』の聖地となっている滋賀県犬上郡豊郷町で
コンテンツツーリズム研究会第3回総会ができればと考えております。
是非コンテンツツーリズムについて、皆で考えてみませんか?
スポンサーサイト

テーマ : フォーラム・シンポジウム・ワークショップの案内
ジャンル : 学問・文化・芸術

初の単著『n次創作観光 ―アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性』近日発売予定です!

私の初の単著

『n次創作観光
―アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性』

が近日発売予定です。

アニメの聖地巡礼、コンテンツツーリズム、観光社会学について、
見開き1ページ1テーマで解説しつつ、
一連の話としても読めるように仕上げました。
かつ、「アニメ聖地巡礼に行ってみたい!」と思われる方への
ガイドブック的要素も含めた
欲張り放題の書籍です。

これだけ詰め込んで、価格はなんと1,000円を切ります!
なんとも、テレビの通販番組の宣伝みたいになってきましたが、
専門書はなかなか安くできないのが実際です。

この無理難題に応えてくださる出版社は、
NPO法人冒険芸術出版さん。

この出版社さんは、これまでに『北海道裏観光ガイド』という本を
出版されています。



私が北海道大学で大学院生をやっていたときに、ひょんなことから知り合った
編集の堀さんがやっておられる出版社。
知り合った当初から、色々と観光の話で盛り上がり、
様々なことを教えていただいていたのですが、
このたび、私の単著を出してくださるということで、
進めていただいております。

予定している目次は、
以下の通りです(一部変更の可能性があります)。

第1章 不可能性の時代に可能性を探る
1.閉塞感の時代
2.再帰的な「個人化」と「大きな物語」の機能不全
3.社会の情報化とコミュニケーション
4.インティメイト・ストレンジャー
5.多元的自己というアイデンティティ
6.小さな物語/島宇宙/排他性
7.オタクと公共性
8.不可能性の時代の観光の可能性

第2章 現代観光の分析視座
1.動物化する観光
2.観光とメディア
3.旅行者の特徴
4.ホスト&ゲスト
5.メディア/コンテンツ/観光
6.初音ミクとN次創作

第3章 アニメ聖地巡礼
1.アニメ聖地巡礼とは
2.アニメ聖地巡礼の情報探索
3.アニメ聖地巡礼の行動的特徴
4.アニメ聖地巡礼の旅行後行動
5.開拓的/追随型/二次的アニメ聖地巡礼者
6.日常系アニメと聖地巡礼

第4章 コンテンツツーリズム
1.コンテンツツーリズムとアニメ聖地巡礼
2.旅行者主導型コンテンツツーリズム
3.アニメ聖地創造のプロセス
4.巡礼者の表現と地域住民のホスピタリティ
5.地域文化とメディア文化→観光文化
6.ホスト&ゲストの超克
7.観光地に直接関係しないアクターの関与
8.コンテンツツーリズムの研究枠組み

第5章 n次創作観光
1.n次創作観光の構造
2.つながりの創出 ―つながるはずの無かった人々とのつながり
3.ひらかれの機会 ―オフ会との比較から
4.いきがいの時空 ―精神的中心とコンテンツツーリズム
5.n次創作観光のマネジメント
6.観光の可能性

博士論文に書いたことが元にはなっていますが、
全体の分量が相当違っていることや、
「n次創作観光」という新たな概念を提示したことで、
多くが新たに書き下ろした内容になっています。

また、これを読んでいただいて、
より専門的なことが知りたい方への道しるべとして
ご活用いただけるよう、関連論文や書籍のご紹介もしています。

観光を学んでみたい、アニメ聖地巡礼について知りたい、
コンテンツツーリズムって何?
観光観光って言ってるけど、金がもうかったら良いって話じゃないの?
そのような様々な興味、関心を持った方々に届けばと思って作っております。

編集状況の進捗や裏話などは、
Facebookページ『n次創作観光』をご覧ください(^^)

Facebookページ『n次創作観光』
http://www.facebook.com/njisosakukanko?filter=3#!/njisosakukanko


テーマ : 本の紹介
ジャンル : 学問・文化・芸術

HUSCAP10月の閲覧数一覧

HUSCAPのご担当者様より、
HUSCAPの10月の閲覧数の記録をいただきました。

下記の通りです。
今月もたくさんの方にダウンロードしていただきまして、
ありがとうございます。

皆さまのお役に立てていれば何よりです。
以下の文献は、すべてHUSCAP
からダウンロードしてご覧いただけます。

査読論文も、学会のご厚意で、
HUSCAPへの掲載をご快諾いただいたものはダウンロードして
ご覧いただけます!

明後日のコンテンツツーリズム研究会第2回総会では、
コンテンツツーリズムについて、学生さんや研究者が自由に話し合える
時間にしたいと思っています。

皆さまにお会いできるのを楽しみにしております(^^)

論文名:1. つながり創出型ピア・サポートの成果と課題 : ピア・サポートの積極的存在意義と活発な活動の持続に向けて
合計:24

論文名:A Study on Impact of Anime on Tourism in Japan : A Case of "Anime Pilgrimage"
合計:14

論文名:AR(拡張現実)技術を活用したツアーにおいて旅行者が感じる楽しさに関する研究 : 「マンタビ モニターツアー」事例の分析から
合計:18

論文名:AR(拡張現実)技術を活用したツアーにおいて旅行者が感じる楽しさに関する研究 : 「マンタビ モニターツアー」事例の分析から
合計:20

論文名:CGM観光情報による旅行行動の再生産メカニズム : 埼玉県久喜市および滋賀県犬上郡豊郷町へのアニメ聖地巡礼を事例として
合計:17

論文名:The role of student volunteers in tourism and building up a sustainable operating system : the "Providing Information and Knowledge Model" and the "Common Pleasure Model"
合計:6

論文名:「大川木工まつりを例とした大規模イベントの集客効果の計測」へのコメント
合計:10

論文名:「旅行者主導型コンテンツツーリズムにおける観光資源マネジメント : らき☆すた聖地「鷲宮」とけいおん!聖地「豊郷」の比較から
合計:55

論文名:『よくわかる観光社会学』「アニメと観光」を手がかりにコンテンツツーリズムを考える
合計:51

論文名:『よくわかる観光社会学』「映画館」を手がかりに映画と旅行について考える
合計:23

論文名:『大学ピア・サポート活動におけるピア・サポーターの活動継続に関する要因の検討』研究概要報告書によせて : 主観的な報告と客観的な調査結果によってつむがれる議論の場
合計:10

論文名:『物語を旅するひとびと : コンテンツ・ツーリズムとは何か』 増淵敏之 [著](彩流社, 2010)
合計:18

論文名:こだわりの旅「ヲタクツーリズム」
合計:6

論文名:とある地域の超萌観光(ツーリズム)
合計:23

論文名:もってけ!カンコーそうぞう : アニメ聖地巡礼における同人観光情報の役割
合計:14

論文名:アカデミック・サポートとピア・サポートによる学習支援
合計:15

論文名:アニメを動機とした旅行行動の実態に関する研究 : アニメ聖地巡礼研究および調査の整理を通して
合計:29

論文名:アニメーションと地域振興
合計:18

論文名:アニメーションと地域振興のあり方について : アニメのファンから地域のファンへ
合計:7

論文名:アニメーション作品が観光振興に与える影響に関する研究. その1, アニメ聖地巡礼の誕生と展開
合計:13

論文名:アニメ聖地における巡礼者の動向把握方法の検討 : 聖地巡礼ノート分析の有効性と課題について
合計:25

論文名:アニメ聖地巡礼行動における旅行者の情報環境に関する研究
合計:14

論文名:グローバルな社会における趣味縁による新たな情報流通 : つながりを意識した地域振興政策
合計:29

論文名:コミュニケーション概論 : 旅行コミュニケーションと地域振興のあり方 : 情報社会における観光デザインを考える
合計:32

論文名:コミュニケーション概論: 情報社会における旅行行動の特徴と課題 : 旅行者による情報コミュニケーションの諸相と統計から
合計:23

論文名:コンテンツとツーリズム : アニメ聖地巡礼から考える希望をもたらす観光のあり方
合計:31

論文名:コンテンツと旅行行動の関係性 : コンテンツ=ツーリズム研究枠組みの構築に向けて
合計:45

論文名:コンテンツツーリズム
合計:13

論文名:コンテンツツーリズムにおけるホスピタリティマネジメント : 土師祭「らき☆すた神輿」を事例として
合計:42

論文名:コンテンツツーリズムにおける地域からの情報発信とその流通 : 『らき☆すた』聖地「鷲宮」と『けいおん!』聖地「豊郷」の比較から
合計:52

論文名:コンテンツツーリズムにおける若者の観光情報行動の特徴に関する研究 : 開拓的アニメ聖地巡礼者による情報発信行動に着目して
合計:12

論文名:コンテンツツーリズムにおける観光情報発信のあり方に関する研究 : 「鷲宮町商工会ホームページ」とブログ「今日の部室」のアクセス解析の比較から
合計:26

論文名:コンテンツツーリズムを研究する人のために : 研究レビューと研究枠組みの提示
合計:54

論文名:コンテンツツーリズム研究序説 : 情報社会における観光の新たなあり方とその研究概念の構築
合計:98

論文名:コンテンツ・インデュースト・ツーリズム : コンテンツから考える情報社会の旅行行動
合計:71

論文名:スーパー戦隊シリーズと旅 : コンテンツ=ツーリズム研究に位置づけてみる
合計:9

論文名:ピア・サポート室の位置と環境 : 学生がすごしやすい環境をいかにデザインしていくか
合計:6

論文名:ホスピタリティ研究における分析枠組みに関する一考察 : ホスピタリティ認知概念を用いた研究方法の提案
合計:34

論文名:ホスピタリティ研究における分析枠組みに関する一考察 : ホスピタリティ認知研究とその研究課題について
合計:8

論文名:メディア文化と観光 : アニメ聖地巡礼にみる観光のメディア性
合計:43

論文名:交流を促進する観光 : アニメ聖地巡礼から考える
合計:27

論文名:人々をつなぐイベントの創出 : 北大ピア・サポート企画「本活」の報告を通して
合計:8

論文名:北大ピアサポートの「これまで」と「これから」
合計:9

論文名:北海道大学ピア・サポートの新展開 : つながり創出型ピア・サポートシステムの試み
合計:9

論文名:北海道大学ピア・サポートの紹介 : 活動概要とイベントの詳細について
合計:24

論文名:北海道大学ピア・サポートの設立と展開経緯の整理と今後の課題 : ネットワーク構築支援型ピア・サポートに向けて
合計:4

論文名:北海道大学ピア・サポートの誕生と展開 : つながり創出型ピア・サポートの提案
合計:18

論文名:大学教育におけるピアサポートシステムのあり方に関する研究 : 既往研究の整理と「北海道大学ピア・サポート」の実践から
合計:20

論文名:学内でゆっくり休めるカフェ空間を作る : ピア・カフェ企画の概要
合計:5

論文名:学校教育にピア・サポートが果たす役割 : つながりをつむぐ場をつくりだす
合計:11

論文名:学生同士のピア・サポート
合計:6

論文名:巻頭対談 : 北海道大学ピア・サポートによせる想い
合計:3

論文名:情報コミュニケーション社会における観光地域経営に旅行者が果たす役割 : 埼玉県北葛飾郡鷲宮町におけるアニメ聖地巡礼型まちおこしの事例分析から
合計:4

論文名:情報化が旅行者行動に与える影響に関する研究 : アニメ聖地巡礼行動の事例分析から
合計:30

論文名:情報化時代における旅行コミュニケーション : つながらないはずの人々のつながりの創出
合計:15

論文名:情報化社会における旅行者行動の特徴と地域に果たす役割 : アニメ聖地鷲宮町の事例から観光資源の協働型管理の可能性を考える
合計:6

論文名:情報化社会における自律的観光のあり方に関する研究 : アニメ聖地巡礼者の旅行行動の特質とその課題
合計:52

論文名:情報文化としてのアニメ聖地巡礼
合計:11

論文名:情報社会における旅行コミュニケーションの特徴 : アニメ聖地巡礼の分析から
合計:4

論文名:情報社会における旅行者と地域住民の関係構築のあり方に関する研究 : 埼玉県鷲宮町で見られるアニメ聖地巡礼行動を事例として
合計:18

論文名:情報社会における旅行者の観光創出のあり方に関する研究 : アニメ聖地巡礼者の自律性に着目して
合計:1

論文名:情報社会における旅行行動の特徴に関する研究 : アニメ聖地巡礼と大河ドラマ観光の比較・検討を通して
合計:53

論文名:情報社会における観光コミュニケーションのあり方に関する一考察 : 埼玉県久喜市鷲宮神社周辺地区(旧鷲宮町)と滋賀県犬上郡豊郷町の事例分析から
合計:10

論文名:新たなつながりを創出する情報社会の旅行コミュニケーション : コミュニティオブインタレストと地域コミュニティの出会い
合計:34

論文名:新ピア・サポート室開室にあたって : ピア・サポートのこれまでの活動と今後の展望
合計:1

論文名:旅行者の観光資源に対する認識の変化に関する研究 : 豊郷小学校旧校舎群における来訪者の認識変化について
合計:10

論文名:来訪者の回遊行動を誘発する要因とその効果に関する研究 : 埼玉県北葛飾郡鷲宮町における「飲食店スタンプラリー」を事例として
合計:44

論文名:観光☆研究 : アニメを見て旅に出よう!
合計:14

論文名:観光ホスピタリティ認知概念の構築
合計:5

論文名:観光地における持続可能なボランティア組織の条件 : 北大キャンパスビジットの事例から
合計:5

論文名:観光地域ブランディングと旅行コミュニケーション
合計:24

論文名:観光客と地域住民の社会的相互作用に関する研究 : 交換理論の適用可能性の検討
合計:16

論文名:観光情報のCGM化・市民としての旅行者
合計:4

論文名:観光情報革命時代のツーリズム (その4) : 旅行情報化世代
合計:25

論文名:観光情報革命時代のツーリズム(その2) : 観光情報革命論(破)
合計:10

論文名:観光文化のN次創作を考える : 本物性をめぐって
合計:28

論文名:観光旅行者のホスピタリティ認知計測に関する研究 : アニメ聖地巡礼ノートの分析から
合計:24

論文名:観光行動中に観光者が得る情報に関する一考察 : 観光現象を分析するための情報理論の構築に向けて
合計:6

論文名:鷲宮はステータスだ!希少価値だ! : 『らき☆すた』による地域ブランディングを考える
合計:3

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。