スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ「らき☆すた」聖地鷲宮から学ぶコンテンツツーリズム ―アニメ声優・商工会職員・研究者と考える地域振興【9月9日】(於:京都文教大学宇治キャンパス)

京都文教大学のオープンキャンパス(2012年9月9日)にて、
京都文教大学 総合社会学部 開設記念講演会として、
下記のシンポジウムを行います。

アニメ「らき☆すた」聖地鷲宮から学ぶコンテンツツーリズム
―アニメ声優・商工会職員・研究者と考える地域振興

【チラシURL】
http://www.kbu.ac.jp/kbu/topics/pdf/2012_kbu_washim.pdf

私の専門であるコンテンツツーリズムについて、
自分のルーツともいえる、埼玉県の鷲宮のお取組みをベースに、
出演者の皆様とトークさせていただく内容です。

当日は、京都文教大学オープンキャンパスの日です。
このシンポジウムはオープンキャンパスの模擬講義という位置づけです。
http://www.kbu.ac.jp/kbu/opencampus/pdf/oc20120909.pdf

なかなかこんな豪勢な講義はできませんが(笑)
内容としては、こういった内容の講義は実際に行っていますので、
普段の講義の様子を垣間見ることができると思います。

高校生をはじめ、中学生の方のご参加もお待ちしております!


【出演者】

加藤英美里さん
福原香織さん
坂田圧巳さん
松本真治さん
山村高淑さん
そして、私、岡本健です。

「さん」づけで呼んでいますが、
それぞれすごい方々です!

<アニメ声優><商工会職員><研究者>の3者の立場から、
コンテンツツーリズムについて、考えていくシンポジウムです。

<声優さん>
加藤英美里さん、福原香織さんは
声優さんです。
それぞれ、『らき☆すた』の柊かがみ、柊つかさの役をされています。

最近の作品ですと、加藤さんは、
『魔法少女まどか☆マギカ』で「キュゥべえ」を、
福原さんは、
『咲-Saki-』で「天江衣」を
演じておられます。

お二人は、鷲宮町で開催された様々なイベントの中で、
柊かがみ、つかさ役の声優さんとして、何度も参加しておられます。
アニメの声優さんでありつつ、コンテンツを活用した地域振興に
何度も協力されています。

今回のシンポジウムでは、お二人に、
コンテンツを活用した地域振興について、
どのように感じられるのか、アニメの声優としてどう考えておられるのか、
じっくり聞いてみたいと思っています。

福原香織さんのブログでも今回のイベントをご紹介いただいています!
http://blog.livedoor.jp/kaorin_f/

<商工会の職員さん>
坂田圧巳さん、松本真治さんは、
鷲宮商工会の職員さん(経営指導員)です。

アニメ『らき☆すた』をきっかけに、
鷲宮町を盛り上げてきた立役者のお二人です。

私は2008年4月ごろから鷲宮の調査をさせていただいているのですが、
その際に、非常にお世話になっているお二人です。
非常にお世話になっている、なんて言葉では済まないくらいお世話になっています。

今回は、お二人に、鷲宮町での取り組みのこれまでとこれからについて、
語っていただきたいと思っています。

鷲宮商工会のホームページでも、このイベントについて告知していただいています!
http://www.wasimiya.org/

<研究者>

山村高淑先生は、北海道大学観光学高等研究センターの准教授でいらっしゃいます。
私の恩師です。大学院の修士課程、博士後期課程でお世話になりました。

山村先生については、以下をご覧ください。
http://www.imc.hokudai.ac.jp/imcts/teacher/?cmd=dt&id=66

山村先生は、コンテンツツーリズムに関する単著をお持ちです。
『アニメ・マンガで地域振興
―まちのファンを生むコンテンツツーリズム開発法』(東京法令出版)



山村先生とは、2008年4月に一緒に鷲宮へのツアーバスに参加したことから、
コンテンツツーリズム研究にともに携わって来させていただきました。
もちろん、私はご指導を受けながらですが、
山村先生には数多くのチャンスをいただき、
のびのびと学ばせていただきました。

これまで、山村先生と以下のような論文集を出してきました。
それぞれ無料でダウンロードしてご覧いただけますので、
今回のシンポジウムの予習、復習におつかいいただければと思います。

『メディアコンテンツとツーリズム: 鷲宮町の経験から考える文化創造型交流の可能性』
【ダウンロードURL】 http://hdl.handle.net/2115/38119

『次世代まちおこしとツーリズム : 鷲宮町・幸手市に見る商店街振興の未来』
【ダウンロードURL】 http://hdl.handle.net/2115/42913

『観光資源としてのコンテンツを考える : 情報社会における旅行行動の諸相から』
【ダウンロードURL】 http://hdl.handle.net/2115/49628

そして、私は岡本健と申しまして、
京都文教大学 総合社会学部 文化人類学科の講師を
2012年4月からやらせていただいております。

【大学ホームページ】
http://www.kbu.ac.jp/kbu/gakubu/sogoshakai/window/okamoto.html

【研究者情報】
http://researchmap.jp/t-okamoto/

総合社会学部の観光・地域デザインコースを主に担当させていただいています。

今回は、素晴らしい5人のゲストが勢ぞろいする、
めったにない機会です。

参加費無料、申し込み不要ですので、
コンテンツツーリズムに興味のある方、
高校生で、アニメやゲームが好きな方、
観光に興味がある方、
是非ともこの機会に、京都文教大学にお越しください!
お待ちしております(^^)

当日は、オープンキャンパスの日でもあります。

京都文教大学では、
コンテンツツーリズム関連の実習や講義を受けることができるのですが、
その様子なども展示しておりますので、
講演会とともに、そちらもご覧いただけますと幸いです。
スポンサーサイト

テーマ : フォーラム・シンポジウム・ワークショップの案内
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。