スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都文教大学近くのカフェ&ギャラリー「PAPAS AND MAMAS」に行ってきました。

京都文教大学の近くにあるカフェ&ギャラリー「PAPAS AND MAMAS」
大学に来るとき、帰るとき、いつもとても気になっていたお店でした。

カフェ&ギャラリー「PAPAS AND MAMAS」

カフェ&ギャラリー「PAPAS AND MAMAS」
http://papas-kyoto.com/

今日は日曜ですが、ちょっと研究室で講義の準備や、
文章を書くなどしたかったので、大学に来ています。
チャンスなので、行ってみることにしました。

ランチで生パスタのセットを頼みました。
きっちり作ってある感じで、とても美味しくいただきました。

食後には、黒糖わらび餅とブレンドコーヒー。

黒糖わらび餅&ブレンドコーヒー

これもまたうまい!
今度は一冊本を持っていって
ゆっくりしたいものです。

お店の人に聞いてみると、この3月から始めたお店だそうです。
自分が着任した春にできたお店ということがわかり、
無性に応援したい気持ちになりました。

貸しギャラリー、貸し切りパーティー、朝の貸し切りスペース、
といったこともやっておられるそうで、
「やすらぎ・または表現・発信・交流・・・様々な繋がりの場所」
を目指しているお店、とのこと。

こういうところで研究発表ができたら面白いかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

人文地理学会例会(第275回)で発表させていただきました。

人文地理学会第275回例会で発表させていただきました。

2012年4月22日に奈良女子大学
総合研究棟(文学系N棟)2階N201教室で
開催されました。

人文地理学会ホームページ(第275回例会)
http://hgsj.org/reikaibukai/reikai_no275/

学会がらみの研究発表は、なんだか少し久しぶりな気がします。
もしかしたら、博士論文口頭試問以来かもしれません。
京都文教大学に勤めてからは、初の研究発表になります。

人文地理学会の学会誌「人文地理」は、国立国会図書館関西館に行ったら
必ず見ていて、まだなかなか自分の論文にうまく引用するところまで読めていないのですが、
いつも興味深く読ませていただいています。
ですので、人文地理学会例会で発表を、というお話をいただいた時、
非常にうれしく思いました。

さて、近鉄奈良駅で下車して、奈良女子大学に向かいます。
高校時代まで奈良ですごしていたのと、
高校自体が奈良女子大学の近くにあったこともあり、
非常に懐かしい道です。

懐かしがって歩いていると、
こんな素晴らしい看板が!!!

ヌードスタジオの看板

非常に丁寧な文言で、なんか良いですね(笑)

そして、

車は急にとまらない

良いデザイン!!色の感じも素晴らしい。

結構古い看板って色々なところにありますね。
面白いものです。

とかなんとかやっているうちに、
奈良女子大学に到着しました。

今回の研究会のテーマは
「社会的想像力としての移動 ―観光とメディア―」
でした。

まず、奈良県立大学の遠藤英樹先生から、
本会の趣旨説明が行われました。

次に、桐蔭横浜大学の大野哲也先生による「バックパッキング・ツーリズム」のご発表があり、

私(京都文教大学)が
「メディア文化と観光 ―アニメ聖地巡礼にみる観光のメディア性」
というタイトルで発表させていただきました。

そして、最後に和歌山大学の神田孝治先生によるコメントと、
フロアの先生方も交えた総合討論でした。

遠藤先生、大野先生、神田先生のご発表やコメント、
非常に勉強になりました。

自分は、発表の準備にあまり時間が割けなかったのですが、
ご依頼いただいた際にご提示いただいたテーマ「メディア文化と観光」
をヒントに、考えを巡らせて、発表をさせていただきました。

諸先生方、学生さん方から色々とご質問をいただき、
お答えしていく中で、気づくことがいくつもありました、
有難うございました。

ここのところ、新生活に慣れることに一生懸命で、
なかなか落ち着いて研究のことを考えられなかったのですが、
先生方のお話を聞いて、頭が少しずつ回転を始めて、
心地よい時間でした。

懇親会でも、皆さんから色々なお話を伺い、
楽しい時間を過ごさせていただきました。
皆様、本当に有難うございました!

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

京都文教大学総合社会学部文化人類学科講師として勤めさせていただきます。

2012年4月1日付で、
京都文教大学 総合社会学部 文化人類学科 講師に任じていただきました。

念願の大学教員になることができました。
多くの方々に支えていただいたおかげです。
皆様、本当に有難うございました。

学生さんとともに学び、
ともに考えを深めていけるように心がけ、
日々、頑張っていきたいと思います。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

博士論文を書き上げ、博士後期課程を修了しました。

皆様、大変遅くなりましたが、
博士論文を完成させ、博士後期課程を修了したことをご報告します。

博士論文のタイトルは
「情報社会における旅行者の特徴に関する観光社会学的研究」
というもので、
大学院でずっと研究してきた
アニメ聖地巡礼とその後の展開についてまとめたものです。

『らき☆すた』の埼玉県北葛飾郡鷲宮町(現在は久喜市)と、
『けいおん!』の滋賀県犬上郡豊郷町の豊郷小学校旧校舎群を
事例として取り上げています(聖地巡礼行動については、
他の作品、場所も取り上げていますが、その後の展開については、
この2か所がメインです)。

まとめる過程では、実力不足を痛感しましたが、
周りの皆様のご協力でなんとか書き上げることができ、
その後の審査もクリアすることができました。

そして、平成24年3月22日付で、北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院
観光創造専攻 博士後期課程を修了いたしました。
博士(観光学)の学位をいただきました。

博士論文については、
国立国会図書館(関西館)で閲覧していただくことができます。
どうやらまだ公開されていないようですが、
しばらくすると見られるようになると思います。

ここまで来ることができたのは、皆様からのご支援のおかげです。
本当に有難うございました。
今後とも、精進してまいりますので、
ご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。