スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を買う・大学の役割

昨日はジュンク堂に本を買いに行き、
久々に本屋でのんびりと本を探せました。

ジュンク堂には、
今書いている論文と博士論文のために読みたかった本を買いに行ったのですが、
いつものことで、買おうと思ってなかった本もついつい面白そうで買ってしまいました(^_^;)

学部の時にお世話になっていた教育社会学の先生も
「本屋に行くとついつい関係ない本買っちゃうんだよなぁ」
とこぼされていたのを思い出します(笑)

購入書籍一覧
「グローバリゼーションと文化変容」遠藤薫(編)、世界思想社
「三層モラルコンフリクトとオルトエリート」遠藤薫、勁草書房
「日本近世における聖なる熱狂と社会変動」遠藤薫、勁草書房
「フラット・カルチャー」遠藤知巳(編)、せりか書房

昨日買ったばかりなので、まだちゃんと読んでませんが、
立ち読みレベルでは、とても参考になる本ばかりです。

特に「面白いなぁ」と思ったのは
「フラットカルチャー」
この面白さ、っていうのは、自分の研究につながるかとか、
そういう部分ではなく(いや、つながるんだけども、そこが中心ではなく)
これからの研究者による書物っていうことを考える上での面白さ。

札幌CGM都市宣言でご一緒させていただいているNPO法人北海道冒険芸術出版の堀さんとも
いつもお話させていただいているのだけれども、
どうやって出版社や研究者、ひいては大学や大学院の存在意義を訴えていくのか、
ということをとても考えさせられました。

この間、堀さんとお話していて、盛り上がったのが
紀伊国屋書店から出版された「東京スタディーズ」(吉見俊哉・若林幹夫 編著)
まず装丁が良い。単純にかっこいい。手に取りたくなる。
純粋には専門書ではないかもしれませんが、
一般の方にとっては、小難しい事の書いてある本であると思います。

「専門書なら中身だろ?装丁とかいうやつは浮ついてる」
まぁ、そんな意見もあるかもしれません。
逆に、人に到達されない中身に意味はあるか?
と問い返したいですね。

そういったコミュニケーションの怠慢の積み重ねが大学を腐らせてるように思いますが、
まぁ、それは別の話。

今回購入した「フラットカルチャー」も、
とても魅力的な表紙で、中身もとても面白いのです。
著者は「東京スタディーズ」の方々とかぶっている部分もあるので、
出版社は違いますが、そういったノウハウはいかされてるのかもしれません。

カフェ、ユニクロ、ショッピングセンター、ファーストフード・ファミレス、
ネットカフェ、東京、自動車、IT企業、カリスマ・セレブ・イケメン、大学教育、
スピリチュアル、J-POP、クラシック音楽、アート、ヴィレッジ・ヴァンガード、
カルチャーセンター、検定、世界遺産、デザイン、ノスタルジア、ライトノベル、
家族イメージ、子供への視線、子供文化と大人、教育産業、建築とブランド、タワーマンション、
お笑い、ググれカス、動画/二次創作、フラッシュモブ、やおいとBL、ツンデレ、ケータイ、ポップ広告、
マスコミと言論、ネット言論、コンプライアンス、政治、「社会と個人」の現代的編成、社会学/「社会学」

と多岐にわたるテーマ。興味をそそられます。

本は読んでもらってなんぼ、ではないか?
講義は聞いてもらってなんぼ、ではないか?

最近、研究者の世界でも「社会還元」が特に言われています。
研究の成果を社会に還元するのです。
以前は専門的な論文を執筆するということが第一義でした。
今でもそれは変わりませんし、論文に残す、ということは、
たとえそれが流通しなくても、保存と継承ということで意味がある。

ただ、最近はそれだけでは無くて、
フォーラムやシンポジウム、書籍などにして
広く一般の方々に知ってもらう、ということが重要視されています。

個人的には、一般の方にお読みいただくことを考えても、
学生さんの知的好奇心を喚起する意味でも、
専門書のハードルをいろんな意味で下げるべきだと思っています。
特に観光研究では。

当ブログでもよく書いてますが、アニメに関する研究をやろうと
指導教員に相談すると、
「とにかくそんな浮ついたものはやめろ」
という先生がいらっしゃるとのことです。

正直、信じられないのですが…。
教育者としても、学生が興味を持って取り組もうとしていることに対して、
明確な理由を示さずにやめろという意味が分からないし、
研究者としても、今の日本社会を見渡して「アニメなんてくだらないものを
研究対象にするなどもってのほか」みたいな考えを持てる感覚が分からない。

もしかしたら教育上の深い理由があるのかもしれませんが、
大学生には活き活きと大学生活を送ってもらいたい。

学生さんが「こういうことをやりたい」と言ったら、
「じゃあ一体その「やりたいこと」の面白みはどこにあると思う?」
などを問いかけ、学生さんが「おもしろい」と思ったことの本質を
一緒に掘り起こしていって、研究につなげるのがむしろ指導教員の役割では?

「あれはだめ」「これはだめ」「私の言うテーマをやれ」…。
先生方、
お言葉にショックを受けて、私のところにヘルプのメールをしてくれる学生さんが
たくさんいらっしゃるんですが…。
私は嬉しいですけど、これって大学でやるべきことでは?

こんなことを繰り返していては、大学が愛想をつかされる
(実際、もうつかされはじめてるんだよな)。

本に金をはたく、大学に金をはたくってことが、
「無駄」ではない。
そんな社会を作りたい。
そのためには、情報を発信する側の努力が求められる。
学生さん(社会人も含め)が興味を持って「これは面白い!この大学で学んでみたい!」
そういう風に思ってもらえるようなパフォーマンスをしていきたい。

これは学生に「媚びる」ってことじゃない。
「入口」を広くして、そこから「本気」になってもらうためなんだ。
スポンサーサイト

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

恥ずかしい写真が流出!!

すでにtwitterでは報告済みですが、
恥ずかしい写真が流出しましたwww

「札幌CGM都市宣言(β)~札幌をCGMから考える~」
というシンポジウムに登壇させてもらったのですが、
そのサイトに顔写真を提供する、という話になって
まともな顔写真が無く、こんな写真を…

「札幌CGM都市宣言(β) ~札幌をCGMから考える~ ゲストプロフィール」
http://sapporocgm.info/blog/cat1/cat5/1023.html

ゲストっていうか、コーディネートしましたが。

札幌で撮ったものだし、
まじめな顔してるし、
いいかなぁ…と(笑)

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

学会発表の予定二つ

学会発表の予定が二つあります。

日本情報経営学会さんと、日本観光研究学会さんで発表します。
学会発表は、色々なご意見をいただけるので、大変楽しい体験です☆

日本情報経営学会では、
11月21日に熊本学園大学にて発表します。

「CGM観光情報による旅行行動の再生産メカニズム
―埼玉県久喜市および滋賀県犬上郡豊郷町へのアニメ聖地巡礼を事例として」
というタイトルで発表をさせていただきます。

「らき☆すた」の聖地鷲宮町(現在は久喜市になっています。)と、
「けいおん!」の聖地豊郷町に訪れる聖地巡礼者への質問紙調査(2009年)の結果から、
聖地巡礼者はどのような情報を参考にして、
聖地を訪れているのか、について明らかにしました。

この発表に用いている調査結果は、
旅の文化研究所様からいただいた研究助成によって行った調査で
得られたものです。

日本観光研究学会では、
12月4日、12月5日に文教大学(湘南キャンパス)にて発表します。

「若者の旅行における情報行動に関する研究
―アニメファンによる聖地巡礼に着目して―」
というタイトルで発表をさせていただきます。

こちらでは、開拓的聖地巡礼者
つまり、舞台を探し出す聖地巡礼者(舞台探訪者)の皆さんにお願いした
質問紙調査の結果を発表します。

開拓的聖地巡礼者については、以下の論文を参照してください。

「コンテンツ・インデュースト・ツーリズム
―コンテンツから考える情報社会の旅行行動」
http://hdl.handle.net/2115/43181

舞台探訪者の皆さんの貴重なご意見を
ようやくまとめあげることができました。
とても時間がかかってしまって、申し訳ありませんでした。

今回は熊本ということで、
熊本ラーメンやら馬刺しやらをとても楽しみにしています(笑)
お会いできる方、是非とも学会でお会いしましょう♪

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

昨日のエントリーで修正があります。

昨日のエントリーで間違いがあります。

シンポジウムの開催日が11月23日(土)となっておりましたが、
正確には10月23日(土)です。

申し訳ありませんでした。
お詫びして訂正いたします。

テーマ : フォーラム・シンポジウム・ワークショップの案内
ジャンル : 学問・文化・芸術

【シンポジウムご案内】「札幌CGM都市宣言(β)~札幌をCGMから考える~」

札幌をCGM(Consumer Generated Media)から考える
をテーマにしたシンポジウムをやります。
10月23日(土)13時~15時

ゲスト講師として、
クリプトン・フューチャー・メディア代表取締役 伊藤博之氏
札幌市立大学助教 須之内元洋氏
そして北大D2の岡本が登壇します。

クリプトンと聞いてぴんと来る人は少ないかもしれませんが、
有名な「初音ミク」というソフトを作った会社の社長さんです。
札幌のICT関連、ソーシャルメディア関連では外せない人だと思います。

具体的な内容としては、
観光を含めて札幌という都市で、
市民や旅行者による情報発信はどのようになされうるのか、
どういうプラットフォームが必要になってくるのか、
ということを話し合います。

札幌地下歩行空間(札幌~大通り)にデジタルサイネージが導入されるんですが、
それの活用方法みたいな話も出てきますので、
札幌という都市の今後を考える場合には興味深い会になるのではないかと思います。

前半1時間で上記のシンポをやり、
後半1時間は同人ダンスイベントです。
若者文化などに興味を持たれている方は見ておいて損は無いかと思います。

ちなみに、
このシンポジウムはUNIFESという札幌の大学が合同で学園祭をやる
というものの一部であります。
ですから、シンポの前後は学園祭を楽しめます。

10月23日(土)の13時~15時に大通り6丁目の野外ステージで開かれます。
詳細は下記URLをご覧ください。
http://sapporocgm.info/

ちなみに、USTREAMで生中継も行われるとのことですので、
わざわざ行くのが面倒、時間が無い、
という方もネット上でもシンポがご覧いただけます。

上記日時の少し前にUSTREAMのサイト上で、
「UNIFES」「札幌CGM都市宣言」などで検索すると
出てくると思います。

テーマ : フォーラム・シンポジウム・ワークショップの案内
ジャンル : 学問・文化・芸術

大阪観光大学観光学研究所のホームページにて、当ブログをご紹介いただきました。

2010年10月1日に
大阪観光大学 観光学研究所のホームページにて、
当ブログをご紹介いただきました。

大阪観光大学 観光学研究所
http://www2.meijo.ac.jp/mei-kanken/

■101001:岡本健客員研究員のブログ(略してヲタツー)

ということで、リンクを貼っていただいています。

今後もコンテンツ・ツーリズム、ヲタクツーリズムに関する
エントリーをしっかり書いていきたいと思います。

ヲタクツーリズムっていう名前、
色々勘違いされることが多いようです。

以前当ブログでも書いたように思いますが、
私の意図としては、何もアニメや漫画、ゲームのファンのことを
ことさらに強調するつもりはありません。

確かに一昔前までは、ヲタク蔑視、のような話があったでしょう。
今でも、アニメとかゲームとかが好きというと、
変な目で見てくる輩がいることも事実です。

それは事実だけれども、気付き始めている人もいるわけです。
別にアニメやゲームが好きということと、盆栽が好きということ、
ファッションにこだわるということ、アイドルを愛すること…
それらには、根底的な「気持ち」の部分には差が無いということを
(もちろん、行動としては違いがあらわれます)。

私はその「好きでたまらん!」「こだわりたいっ!」という想いを持つ人を
「ヲタク」として、そうしたヲタクがする観光および旅行をヲタクツーリズムと呼んでいます。
下記の記事には、簡単にそのことを書いています。

『こだわりの旅「ヲタクツーリズム」』(「まほら」に掲載。「まほら」の発行は旅の文化研究所。)
http://hdl.handle.net/2115/34793

少し話は変わりますが、最近札幌CGM都市宣言というものに関わっております。
そこでも、個人や市民それぞれの情報発信について議論が交わされています。
今後観光の分野でもそうした議論が活発に行われることを切に望みます。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテンツツーリズムの研究枠組に関する論文「コンテンツと旅行行動の関係性 ―コンテンツ=ツーリズム研究枠組みの構築に向けて―」がHUSCAPからダウンロードできるようになりました。

スライドと配布資料は先にダウンロード可能になっておりました、
「コンテンツと旅行行動の関係性:コンテンツ=ツーリズム研究枠組みの構築に向けて」
の論文本編がダウンロード可能になりました。

(スライドと配布資料については以下のURL)
http://hdl.handle.net/2115/43899

配布資料には、これまでの論考(書籍や学会発表論文含む)
の一覧を掲載してあります。
もし、コンテンツツーリズムや、アニメ聖地巡礼の研究にご興味おありの方は、
ご覧くださいませ。

論文本編のダウンロードURLは以下の通りです。

「コンテンツと旅行行動の関係性 : コンテンツ=ツーリズム研究枠組みの構築に向けて」
A Study on Contents and Tourists Behavior : Construction of Contents-Tourism Study Theory
http://hdl.handle.net/2115/43961

岡本健 『観光・余暇関係諸学会共同大会学術論文集』第2号, pp.1-8

キーワード
コンテンツツーリズム、旅行行動、情報社会、CGM(Consumer Generated Media)
Contents Tourism, Tourists Behavior, Information Society, CGM

コンテンツ=ツーリズムの全体的な枠組みを構築し、
その中でコンテンツツーリズムに着目、
観光社会学の枠組みを再検討して、コンテンツツーリズムの研究範囲を策定。
コンテンツと旅行行動の関係性を整理し、事例の結果を位置づける研究枠組みを作りました。

まだまだたたき台といったところでしょうか。
今後、良いものにしていく必要があります。
皆様、ご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

中日新聞の痛すぎる新聞記事(アニメ「けいおん!」で町おこし グッズや記念切手でファン集客)

2010年9月24日に、
中日新聞に記事が掲載されました。
以下のURLからご覧いただけます。

アニメ「けいおん!」で町おこし グッズや記念切手でファン集客
http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20100924/CK2010092402000119.html

コメントと写真を掲載していただきました。

写真が痛い、痛すぎる・・・。
ただのアニメ好きなおっさんです(笑)
事実ですけども(笑)

これでもまじめに研究してます。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

2010年9月HUSCAPの文献別被閲覧回数一覧

恒例の、HUSCAPからいただいた2010年9月の文献別被閲覧回数一覧です。

この一覧には、岡本個人が申請した文献だけが掲載されています。
CATS叢書に入っていてまとめて登録してもらったものなどは入っていません。
また、当然ですが、HUSCAPに登録の無いものは一覧に入っておりません。

論文名の下にURLを付加しました。
ご覧になりたい場合は、そちらをクリックしていただくとダウンロードしてご覧いただけます。

たまにHUSCAPにつながらなくなることがあるんですが、2,3日中には大体復旧するようですので、
うまくいかない場合は、しばらく時間をおいてから再度チャレンジしてみてください。


【2010-09 文献別被閲覧回数】

論文名:A Study on Impact of Anime on Tourism in Japan : A Case of "Anime Pilgrimage"
合計:4
http://hdl.handle.net/2115/38539

論文名:The role of student volunteers in tourism and building up a sustainable operating system : the "Providing Information and Knowledge Model" and the "Common Pleasure Model"
合計:13
http://hdl.handle.net/2115/35573

論文名:こだわりの旅「ヲタクツーリズム」
合計:16
http://hdl.handle.net/2115/34793

論文名:アカデミック・サポートとピア・サポートによる学習支援
合計:9
http://hdl.handle.net/2115/43898

論文名:アニメを動機とした旅行行動の実態に関する研究 : アニメ聖地巡礼研究および調査の整理を通して
合計:38
http://hdl.handle.net/2115/39365

論文名:アニメーションと地域振興
合計:10
http://hdl.handle.net/2115/34792

論文名:アニメーションと地域振興のあり方について : アニメのファンから地域のファンへ
合計:19
http://hdl.handle.net/2115/34907

論文名:アニメーション作品が観光振興に与える影響に関する研究. その1, アニメ聖地巡礼の誕生と展開
合計:27
http://hdl.handle.net/2115/34972

論文名:アニメ聖地における巡礼者の動向把握方法の検討 : 聖地巡礼ノート分析の有効性と課題について
合計:40
http://hdl.handle.net/2115/34672

論文名:アニメ聖地巡礼行動における旅行者の情報環境に関する研究
合計:31
http://hdl.handle.net/2115/38537

論文名:コンテンツと旅行行動の関係性 : コンテンツ=ツーリズム研究枠組みの構築に向けて
合計:27
http://hdl.handle.net/2115/43899

論文名:コンテンツ・インデュースト・ツーリズム : コンテンツから考える情報社会の旅行行動
合計:72
http://hdl.handle.net/2115/43181

論文名:ホスピタリティ研究における分析枠組みに関する一考察 : ホスピタリティ認知研究とその研究課題について
合計:14
http://hdl.handle.net/2115/34976

論文名:交流を促進する観光 : アニメ聖地巡礼から考える
合計:51
http://hdl.handle.net/2115/42679

論文名:北大ピアサポートの「これまで」と「これから」
合計:12
http://hdl.handle.net/2115/42567

論文名:情報化が旅行者行動に与える影響に関する研究 : アニメ聖地巡礼行動の事例分析から
合計:14
http://hdl.handle.net/2115/39287

論文名:情報化時代における旅行コミュニケーション : つながらないはずの人々のつながりの創出
合計:15
http://hdl.handle.net/2115/42588

論文名:情報化社会における旅行者行動の特徴と地域に果たす役割 : アニメ聖地鷲宮町の事例から観光資源の協働型管理の可能性を考える
合計:21
http://hdl.handle.net/2115/38654

論文名:情報化社会における自律的観光のあり方に関する研究 : アニメ聖地巡礼者の旅行行動の特質とその課題
合計:40
http://hdl.handle.net/2115/36096

論文名:情報文化としてのアニメ聖地巡礼
合計:20
http://hdl.handle.net/2115/39930

論文名:情報社会における旅行者と地域住民の関係構築のあり方に関する研究 : 埼玉県鷲宮町で見られるアニメ聖地巡礼行動を事例として
合計:23
http://hdl.handle.net/2115/39592

論文名:情報社会における旅行者の観光創出のあり方に関する研究 : アニメ聖地巡礼者の自律性に着目して
合計:12
http://hdl.handle.net/2115/39593

論文名:情報社会における旅行行動の特徴に関する研究 : アニメ聖地巡礼と大河ドラマ観光の比較・検討を通して
合計:17
http://hdl.handle.net/2115/40101

論文名:情報社会における観光コミュニケーションのあり方に関する一考察 : 埼玉県久喜市鷲宮神社周辺地区(旧鷲宮町)と滋賀県犬上郡豊郷町の事例分析から
合計:22
http://hdl.handle.net/2115/43107

論文名:旅行者の観光資源に対する認識の変化に関する研究 : 豊郷小学校旧校舎群における来訪者の認識変化について
合計:33
http://hdl.handle.net/2115/39931

論文名:来訪者の回遊行動を誘発する要因とその効果に関する研究 : 埼玉県北葛飾郡鷲宮町における「飲食店スタンプラリー」を事例として
合計:26
http://hdl.handle.net/2115/43891

論文名:観光地における持続可能なボランティア組織の条件 : 北大キャンパスビジットの事例から
合計:6
http://hdl.handle.net/2115/35571

論文名:観光地域ブランディングと旅行コミュニケーション
合計:74
http://hdl.handle.net/2115/43763

論文名:観光客と地域住民の社会的相互作用に関する研究 : 交換理論の適用可能性の検討
合計:29
http://hdl.handle.net/2115/34709

論文名:観光情報革命時代のツーリズム (その4) : 旅行情報化世代
合計:17
http://hdl.handle.net/2115/35334

論文名:観光情報革命時代のツーリズム(その2) : 観光情報革命論(破)
合計:12
http://hdl.handle.net/2115/35065

論文名:観光旅行者のホスピタリティ認知計測に関する研究 : アニメ聖地巡礼ノートの分析から
合計:35
http://hdl.handle.net/2115/39335

論文名:観光行動中に観光者が得る情報に関する一考察 : 観光現象を分析するための情報理論の構築に向けて
合計:20
http://hdl.handle.net/2115/38725


これらの文献はすべてHUSCAPからダウンロードしてご覧いただけます(無料)

「HUSCAP」
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。