スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アンデッド」(UNDEAD)を見た。

ピーター・スピエリッグ, マイケル・スピエリッグ兄弟が監督の
「アンデッド」(原題:UNDEAD)を見ました。

アマゾンでは監督の名前がスペリエッグになってます。
どっちが正しいのだろうか…。
多分スピエリッグで正しいのだと思います。

なかなかどうして、快作でございました!

とりあえずヒロインの方は顔が恐いですw

ゾンビがどうとかより、
ヒロインの方の顔が恐いです。

以下ネタばれ含みますので、
もし「オチを知らずアンデッドを見たい!」という
奇特な方はこの先は読まない方が良いかと思われます。

ガスマスクをかぶって四連ショットガンを持っている人が表紙のDVDです。

本作は、ゾンビ映画なのですが、
そこにエイリアンが絡むという、なかなかぶっ飛んだ設定であります。
しかも、エイリアンがゾンビ化をツールとして
地球制服をたくらむのだ!わっはっは!!

というような、皆が想像しそうな絡み方では無いのです。

エイリアンはゾンビ化を治してくれる良き宇宙人なのです!!

これは驚いた。

人間の方ではゾンビ化になすすべが無いために
ゾンビ化した人間をがっつんがっつん殺してしまうわけですが、
エイリアンは水をぶっかけて治してくれます。

騒動が治まった後に
「私達人間をいっぱい殺してしまった…」
と後悔するところが、
「ゾンビ映画って普通に元々人間だった人を殺しまくってるけど、
あれ、なんかのはずみで元に戻ったらどうするんだろうね、
大量殺人犯になるよね」
という、結構考えてしまいがちな部分を
ちゃんと折り込んでいる。これはなかなか新鮮です。

本作のゾンビは疾走系では無く、
伝統的なロメロ系。
ですが、力が強い。
ゾンビのパンチ一閃で、首がぽろっといったり、
ゾンビのこぶしが頭をつらぬいたりと、
北斗の拳状態です。

特殊効果もこの手の映画としては、
かなりしっかりしていると思います。
メイキングではグリーンスクリーンが買えなくて
手作りだった、という話ですが。

あとは、自分はゾンビフィッシュと闘った上に
UFOにさらわれた、と主張して変人呼ばわりされている、
カウボーイみたいなちょっと太ったおっさんのアクションが
すごすぎます。必見。

ちなみにこの監督はこの後ハリウッドに進出していて、
日本ではまだやってないのかもしれませんが、
「Daybreakers」という吸血鬼映画がアメリカでは公開されたようです。
2010年1月のニュースで、アバターやってるときに
第4位だったとのこと。

「Daybreakers」もストーリーが面白いです。
世界中吸血鬼だらけになって、
人間は血を吸われる家畜化しているという話。
人工血液を開発して、その人たちを助けよう!
という吸血鬼がいたりするようです。

日本で公開しないかなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : ゾンビ
ジャンル : 学問・文化・芸術

2010年6月26日、27日の洞爺湖マンガ・アニメフェスタにて、観光フォーラム開催☆

2010年5月17日の北海道新聞の記事にもなりましたが、
2010年6月26日、27日に、洞爺湖マンガ・アニメフェスタが開催されます!
洞爺湖は温泉誕生100周年なんだそうです。

「TOYAKOマンガ・アニメフェスタ」
http://www.tsukiuran.net/mafes/

100周年ということで、
温泉街全体をコスプレ会場にしてしまおう!
というなんとも思いきった企画であります。
洞爺湖はじまりました。

そして、なんと、きん肉マン、ケンシロウ、毛利小五郎、等で有名な
神谷明さんがいらっしゃいます!!!
すごすぎる…。

そんなプログラムの中には、
北海道大学観光学高等研究センターによる観光フォーラムも(笑)
「らき☆すた」聖地の鷲宮から商工会のお二人をお呼びして、
アニメと観光について語ります☆

これまで鷲宮でフォーラムをやることが多かったのですが、
今回は北海道で行います!
札幌から結構遠いですが、
洞爺湖はとてもきれいなところですので、
旅行ついでにいらしてください(^-^)

洞爺湖といえば、
サミットが開催された地でもあり、
サミット前にウィンザーホテルを見に行った覚えが有ります。
作業着でウィンザーホテルに入り、
喫茶スペースでコーヒーとケーキを食べ、
周りから怪訝な顔をされたのを覚えております(-_-;)

観光創造フォーラムについての案内は、
北海道大学観光学高等研究センターのサイトへ
http://www.cats.hokudai.ac.jp/

テーマ : フォーラム・シンポジウム・ワークショップの案内
ジャンル : 学問・文化・芸術

けいおん!豊郷町関連で、テレビに出ました。

ゴールデンウィークに「けいおん!」「けいおん!!」の舞台とされる
滋賀県犬上郡豊郷町の豊郷小学校に調査に行っておりました。

その際に、本格的にカメラを回している方がおられて、
「撮影してネットにアップしたりする方かなぁ」
と思い、インタビューのつもりでお話伺いにいったところ、
地元を中心にご活躍のフリーのジャーナリスト(というご紹介で
良いのかちょっと疑問なのですが、映像を撮影し、ニュースなどに
活用してもらう、というお仕事だそうです。)の方で、
逆にインタビューをしてくださるという形に(笑)

それがBBC(びわ湖放送:Biwako Broadcasting Co.,Ltd)
の情報番組にとりあげられたようで、
がっちり出てます(笑)

ニコニコ動画にアップされております。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm10730471

コメント内には「北大かよ!」「北大おわったな」
など、かつてCATS叢書1号が出た時と同じ反応が(笑)

GW中にアンケートやインタビューにご協力いただいた方々、
本当に有難うございました。
本当にきっちりとアンケートにご意見を書いてくださり、
また、色々と要領を得ない質問にも懇切丁寧にお答えくださいまして、
有難うございました。できるだけ早くそれらをまとめて
成果を出そうと考えております。

夏ごろにも豊郷で調査をさせていただいたのですが、
その結果との比較検討なども出来ればと考えております。
夏の調査に関しては、とりあえず第一陣として、
以下の資料にまとめました。

「交流を促進する観光 : アニメ聖地巡礼から考える」
http://hdl.handle.net/2115/42679

こちらはすでに豊郷小学校の酬徳記念館で以前に一度講演で発表したものです。

今回のGW調査に関しては、
様々な研究者による論考とともに叢書で刊行予定です。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

聖地巡礼はマナーを守って楽しくね!!!!

聖地巡礼はマナーを守って楽しくね!!!

今「けいおん!」「けいおん!!」聖地の豊郷町に来ておりますが、
そこで下のようなニュースを見ました。

『涼宮ハルヒ“聖地”高校の憂鬱 無断撮影や巨大落書き』
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/game/100506/gam1005061130000-n1.htm

こういうことが出てしまうと、
「だからオタクは…」とかなんとか、
そういう話になってしまいます。

多くのファンはそのことをしっかりと理解していて、
本当に気をつかって、「マナーを守ろう!」とファン同士で
意識を高め合っています。
そういうファンの方々をたくさん知っていますので、事実です。

埼玉県久喜市(旧鷲宮町)では、
一般の観光客よりもずっとずっとマナーが良いという話もありました。

せっかくそうやって大事に大事にして、
聖地巡礼という行為が有名になってきたのですが、
こういう形で「被害」が出てしまうのは、問題です。

大多数のちゃんとマナーを守っている人々も
嫌な目にあいます。

聖地巡礼、舞台探訪をされる方は、
是非とも地元の方々に気をつかってください。
観光という行為は多かれ少なかれ観光目的地に住んでいる人たちに
ご迷惑をおかけする行為であると考えましょう。
観せていただいてありがとうございます。
という感覚は忘れずに。

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

本日(2010年5月1日)の京都新聞の夕刊に、豊郷の記事が載っています。

本日の京都新聞の夕刊に、豊郷小学校の記事が載っています。
けいおん!!聖地ということで、盛り上がっている豊郷小学校に関する記事が
2010年5月1日の京都新聞の夕刊に出ているようです。

電話取材をいただいて、コメントさせていただきました。

新聞というのは、本当に短い言葉で分りやすく説明せねばならないので
大変だなぁ、といつも感心してしまいます。

今回に関しても、私はなんだかんだと長々話をしたのですが(いつもの悪い癖で…)、
要素を抜き出してきゅっと短い言葉でまとめてくださっています。
その分「実はこうなんだけど…」ということも無くは無いのですが、
でも、私のような立場の人間にコメントを求めてくださり、
その上、こうやって記事に取り上げていただけるのは、本当に有難いです。

明日からくだんの豊郷に一週間ほど行きます。
「けいおん!!」が放映中の今、
たくさんの人々が訪れていることでしょう(^-^)
お邪魔するのがとても楽しみです!!
現地でお会いしたら、皆様、どうぞよろしくお願いいたします!!
プロフィール

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。