スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SOS団不定期ミーティング報告

先日連絡しておりました、SOS団不定期ミーティングですが、
無事終了いたしました。

今回はM2の院生3名による研究発表で、
皆様苦労しながらも順調に修士論文に向かって頑張っておられるのが分かりました!

団長は「今、ゾンビ映画と旅の関係について考察を深めている」
という謎の発言を残すにとどまりました(-_-;)

トップバッターは「地域の食文化の活用と地域ブランドの形成」というタイトルで
観光創造専攻M2の森田武志さんが発表してくださいました。

札幌スープカレーや富良野オムカレーなどの事例を分析しながら
地域ブランドはどのように形成されるか、について明らかにする研究です。

旅行の中で食というのは、ものすごく重要な要素だろうなぁと感じます。
とりたてて事前には「食べ物にこだわって旅行しよう!」と思っていなくても
当地で美味い物が食べられると嬉しくなってしまいます。

逆に事前に「これをたべたい!」という風に考えて旅行をした場合
その食べ物が実際あまりうまいと思わなかったりとか、
地域ではあまり大事にされてないだとかいうことが分かると
テンション下がりそうですね…。そういう意味では、地域プロモーションのことを
考えても、食はとても大切です。

次に発表をしてくださったのは、観光創造専攻M2の山崎翔さんで
「音楽空間における新たな場の創造に関する研究
-若い世代の音楽フェスティバルでの経験を事例として-」
というタイトルで発表をしてくださいました。

音楽フェスを事例として、現代社会のコミュニケーションの特徴を
社会学的に考察した研究です。

アニメ聖地巡礼とも通じることがとても多く、大変興味深い発表でした。

最後は
「新たな居住形態が日常の交流活動に与える影響に関する研究
-「東京ゲストハウス」居住者の生活実態に着目して-」
というタイトルで、
観光創造M2の石川美澄さんが発表して下さいました。

シェア居住という新しい居住形態を取っている方々の
住まい方や生活文化についての研究です。

旅の定義には「日常から離れて」というフレーズが使われることが
良くあります。確かに旅行行動には普段どんな生活を送っているのか、
がかなり影響を及ぼしそうです。

例えば、自分ごとですが、出張がかさんでいる時は
「旅に行きたい」というよりも、「DVDが見たい」とか
そういう自宅にこもる系のことがしたくなります。

逆に何かの執筆でしばらく家を出ていないと、
「どっかに行きたいなぁ」と思います。

普段の生活の仕方で旅行に対する態度や旅行の位置付けは
変化しそうです。

お三方とも、とても面白い研究です!
今後の充実した研究活動を御祈り申し上げております!!

SOS団不定期ミーティング、またやりましょう☆
スポンサーサイト

テーマ : 研究会・勉強会
ジャンル : 学問・文化・芸術

SOS団不定期ミーティングを開催!

10月31日(土)午前10時より、
「SOS団不定期ミーティング」を開催いたします。
団長の兄目見太郎です。

SOS団とは、
Society of Sub-Cultural Tourism Researchersの略です。
ということでしたが、
「創造志向の観光研究を 大いに盛り上げる そういう人達の団」
というのも良いかなと思い始めたりしています(笑)。

とにかく今回はM2の方々を中心に研究の発表をしていただきます。

そろそろ修士論文の最終段階ということで、
研究発表をしていただき、それを元に、
修論としてまとめるためには、どのようにしていけば良いか
について議論を行います。

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

東京大学で開かれます情報文化学会で「情報文化としてのアニメ聖地巡礼」というタイトルで発表させていただきます。

2009年11月21日(土)に、東京大学・山上会館で
開催される情報文化学会第17回全国大会にて
「情報文化としてのアニメ聖地巡礼」というタイトルで発表させていただきます。

詳細は、情報文化学会のサイト(下記URL)の
「ニューズレターNo.44」をご覧ください。

http://www.jouhou-bunka.jp/

今回は、情報化社会における旅文化としてのアニメ聖地巡礼
ということでまとめています。

これまでは主に旅行行動として扱っていたのですが、
アニメや同人誌、ネット上のコミュニティ、痛車、痛絵馬など、
文化的な側面も非常に興味深いものがあります。

今回は、これまで調査を重ねてきた
おねティ・おねツイ聖地「大町」
朝霧の巫女聖地「三次」
らき☆すた聖地「鷲宮」
かんなぎ聖地「仙台・七ヶ浜」
けいおん!聖地「豊郷」
に関する、リアル・ヴァーチャル含めた
さまざまな文化的な営みをまとめました。

発表を聞きにきてくださる方、
ぜひともよろしくお願い申し上げます。

また、発表終了後はいつもどおり、
HUSCAP(北海道大学学術成果コレクション)
から要旨やスライドがダウンロードできるように
したいと考えております。

皆様のご意見、ご感想をお待ちしております。

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

リンクを追加しました【進学教室 札幌フォレスト】様

私は研究の傍ら、学習塾でアルバイトをさせていただいております。
その名は札幌フォレスト。

アルバイトを始めてかれこれもう3,4年経ちますが、飽きっぽい私が、
どうしても居続けたい場所になっています。

それと言うのも札幌フォレストは「考える力」
を真剣に考えることを許してくれるからです。

進学塾なのでもちろん成績を上げると言うことは至上命題として
あがって来るのですが、生徒の自主性、生徒自身が考える事、
自分で解決すること、をとにかく身につけてもらうことで、
それを達成しようとするのです。

即効性のあるやり方がどうかわかりません。
私自身、指導する中で問題数を増やし、機械的にやらせて
「こういうものだから覚えて!」とやれば短期間で成績を
上げた方が良いのかどうか迷うことも有ります。

しかし、やはりそれでは、付け焼刃、
最終的に入試の段階で弱さが露呈しますし、
結局「役に立たない知識」が頭を素通りしていくだけで
終わってしまう。

通常の塾では、ここの迷いを「成績のため」と
すぱっと割り切ることを推奨されます(あるいは強いられます)。
高校に、大学に、合格させればそれでいい、後は知らん。
そういう態度です。

札幌フォレストでは、妥協は許されません。
講師はその迷いを抱え続けながら、生徒と対話してゆくのです。
辛くもありますが、いまどき滅多に出来ない空間です。
正直言って大学院でもそういった空間が創れているかというと
疑問です。

このたび札幌フォレスト様より相互リンクの申し出があり、
「私のサイトでよければ!」ということで、相互リンクをさせていただくことになりました。
実は「略してヲタツー」は元々「観光・教育・ガイド」というブログだったのです。
おかげさまで思い出しました(笑)

【札幌フォレスト】
http://www.sapporo-forest.net/index.html

テーマ : 教育
ジャンル : 学校・教育

「情報社会における旅行者と地域住民の関係構築のあり方に関する研究 : 埼玉県鷲宮町で見られるアニメ聖地巡礼行動を事例として」の学会発表論文と発表用スライドをHUSCAPに登録していただきました。

広島大学で2009年10月10日~10月12日に開催されました、
日本地域学会第46回(2009年)年次大会において発表させていただいた
学会発表論文と発表用スライドをHUSCAPに登録していただきました。

下記のタイトルかその下のURLからダウンロードしてご覧いただけます。

「情報社会における旅行者と地域住民の関係構築のあり方に関する研究
                 : 埼玉県鷲宮町で見られるアニメ聖地巡礼行動を事例として」

岡本健

http://hdl.handle.net/2115/39592

2008年の土師祭のアンケートをまとめたものです。
結局公開までに1年も時間を要してしまい、申し訳ありませんでした。

近々、2009年の土師祭のアンケートをまとめたものと
一緒にして、一つの論考にする予定をしております。

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

「情報社会における旅行者の観光創出のあり方に関する研究 : アニメ聖地巡礼者の自律性に着目して」の発表用ポスターをHUSCAPに登録していただきました。

2009年10月17日に東京大学で開催されました、「第1回全国エコツーリズム学生シンポジウム2009」
でポスター発表をさせていただいた時のポスターをHUSCAPに登録していただきました。

下記タイトルかその下のURLからダウンロードしてご覧いただけます。

「情報社会における旅行者の観光創出のあり方に関する研究
                        : アニメ聖地巡礼者の自律性に着目して」

岡本 健
http://hdl.handle.net/2115/39593

エコツーリズム学生シンポジウムでは、
私の「自分の研究はエコツーリズムとは言い難いが大丈夫だろうか…」
という心配をよそに、色々な方々が話を聞きに来て下さいました。
皆様有難うございました!

そして、今回の会を企画、実施してくださった方々、
本当にお疲れさまでした。そして、素敵な機会を下さり、ありがとうございました!

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

アニメ聖地巡礼研究のレビュー論文について

大変有り難いことに、
アニメ聖地巡礼研究についてお尋ねいただくことが多くなってきましたので、
これまでの研究のレビュー論文をまとめました。ネット上から誰でも無料でダウンロードして
ご覧いただけます。

「アニメを動機とした旅行行動の実態に関する研究
: アニメ聖地巡礼研究および調査の整理を通して」


ダウンロードURL
http://hdl.handle.net/2115/39365

ちなみに発表をした時のスライドについても同じページからダウンロードできます。

これまで北海道大学や様々な大学で
なされてきたアニメ聖地巡礼研究を整理し、
2008年に実施したアンケート調査の結果をまとめた論考です。

論考自体は
『観光・余暇関係諸学会共同大会 学術論文集』に収められております。

ほとんど全ての研究を網羅したと思います。

ただ、私のレビューも完璧であるとは到底言えませんので、
抜け落ちていることもあると思います。
ご指摘いただければと思っております。

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

明日は羽後町に行って来ます!

明日より秋田県の羽後町に行って来ます!

平成21年10月24日(土)に開催される「美少女イラスト秋まつり@羽後町」を
見せていただくためです。

「美少女イラスト秋まつり@羽後町 特設ページ」
http://hachinosu175.blog107.fc2.com/

羽後町と言えば、西又葵さんのイラストによる
あきたこまちの販売が有名ですが、
今回は主催者陣は並々ならぬ気合いのようで
行政等の力を借りず、自分たちでやるんだ!
という想いで実施されているのだそうです。

どのようなイベントになるのか、
大変楽しみにしております(^-^)

初めて行くところですので、とても楽しみです☆
また、本ブログで結果を報告させていただきます!!

テーマ : 調査
ジャンル : 学問・文化・芸術

三次に感謝!

三次に来ております。

8月にアンケート調査をさせていただいた
広島県歴史民俗資料館さん、三次町のカフェ卑弥呼蔵さん、
三次町にある三次市歴史民俗資料館さんにごあいさつに伺いました。

なかなか成果が上がっておらず、まだまだ途中経過のご報告だけに
なってしまったのですが、ご協力いただいたお礼はできました。
皆様本当にお世話になりました、ありがとうございました!

今後も、皆様のお役にたてるような形で、分析を続け
まとめていきたいと思っております。
よろしくお願い申し上げます!

また、北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院
観光創造専攻 修士課程の2人、君たちがいなければ
ここまでの速度で分析をすることはできませんでした。

本当にありがとう!そして、まだ続きますが
がんばっていきましょう!!焼き肉おごります!!

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

日本地域学会での発表終了しました!

日本地域学会での発表を終了しました。

名前からは想像もつかなかったのですが、
バリバリの経済学の学会でして、
観光をやっておりながら、あまり経済学の分野とは
接点がなかった身としては、とても貴重な体験でした。

学会の形態はとてもしっかりしており、
先生方からご指導をいただけるEalry-Bird Sessionというのがあり、
そこで発表しました。

ご指摘いただいたことは、至極もっともで、
改善せねばなぁ、と思えることばかりでした。

学会発表は毎度のことながらとても勉強になります。

特に今回のように全然分野が違うところにいくと
とても面白いです。

博士論文に向けてそろそろ絞るべきですが、
今年の前半はとにかく学会で発表しまくることを課題として
やっておりますので、いろいろなところで発表しています。

学会でお会いした際には皆様よろしくお願い申し上げます!

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

「第46回日本地域学会年次大会」および「第1回全国エコツーリズム学生シンポジウム2009」で発表させていただきます。

発表報告ばかりで申し訳ないのですが・・・。

「第46回日本地域学会年次大会」
ttp://jsrsai.envr.tsukuba.ac.jp/index_jap.html (頭にhを付け足して下さい)
平成21年10月 10日-12日 広島大学(東広島キャンパス)



「第1回 全国エコツーリズム学生シンポジウム2009」
ttp://www.ecotourism.gr.jp/event/2009/07/2009.html (頭にhを付け足して下さい)
平成21年10月17日 東京大学(本郷キャンパス)

にて発表をさせていただきます。


日本地域学会では、以下のタイトルで発表します。

「情報社会における旅行者と地域住民の関係構築のあり方に関する研究
-埼玉県鷲宮町で見られるアニメ聖地巡礼行動を事例として-」
岡本健

アブストラクトや学会発表用論文を上のサイトからダウンロードしてご覧いただけます。

昨年度の土師祭りのアンケート結果を整理し、分析したものです。
現在今年度の分も整理中です!

全国エコツーリズム学生シンポジウムでは、以下のタイトルで発表します。
こちらはポスター発表です。

「情報社会における旅行者の観光創出のあり方に関する研究
~アニメ聖地巡礼者の自律性に着目して~」
岡本健

タイトルに関しては上のサイトにアップされています。


ということで、現在広島におります。

夜に到着し、
西条というところに泊っているのですが、
酒祭りというのをやっていて、すごい活気でした!
そして酒の匂いがすごかった(笑)

私の発表は12日と最終日なので
明日は他の方々の発表を聞きに行きます。
また初めての学会なので、どのような感じなのかわくわくしております。

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

スパムコメントについて

大量のスパムコメントが付いたので
すべて迷惑コメントに設定しました。

2種類あって、
1つはリンクばかりで成り立っているもの
もう1つはコメントとは思えない英文が書かれているものです。

共通しているのはコメントタイトルが意味不明なアルファベットの羅列であることです。

もし、ちゃんとコメントしているのに迷惑コメントに設定されている
という人がいたら連絡ください(私のミスの可能性もあります)。

コメントタイトルおよびコメントの中身は意味の分かるものにしてください。

テーマ : 雑記
ジャンル : 日記

授業

ここ数日、久々に授業に出ました。

一つは大学院の授業、一つは大学一・二年生用の授業です。

博士後期課程になってからは、授業は取らなくて良いので、
もともと授業をあまり真面目に聞かないほうである私は取らずに来ました。

久々に受けてみますと、なかなか思う事も多く、
たまには授業を受けるのもいいなぁ、と感じました。

特に学部生用の授業はとても面白いものでした。

授業といっても「論文指導」というのに含まれる授業で、
演習に近いものです。

自分が学部の1年、2年の時だと、
あまり授業内で発言する、ということはありませんでしたが、
私が出た授業に来ていた学生はとても熱心で
色々と発言があり、非常に刺激的でした。

TAというタイトルでも書きましたが、
学部生の熱心な姿というのは、とてもすがすがしくて
気持ちが良いです。

授業で一緒の方々、半年間よろしくお願いいたします!

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

TA

新学期がはじまり、各種TAの初回授業がありました。

私が担当しているTAは語学とか、論文指導とかのものですが、
どちらにせよ、学部生と接するのは変わりません。

去年もTAをやり、とても研究熱心な学部生と知り合えたり、
「観光創造専攻を目指す!」と言ってくれている学部生と会えたり、
なんてことない馬鹿話に混ぜてもらって学部生の時の雰囲気を思い出したり、
で、非常に楽しい時間を過ごさせてもらいました。

今年はどのような出会いがあるのか、
非常に楽しみです。

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

「観光の地域ブランディング」が観光経済新聞の書評欄に載りました。

「らき☆すた」聖地鷲宮町の事例を検証した拙稿が載っております
「観光の地域ブランディング ~交流によるまちづくりのしくみ」(敷田麻実・内田純一・森重昌之 編著)
が観光経済新聞(2009年9月30日)の書評欄で紹介されました。


観光経済新聞(2009年9月30日)
【書評「観光の地域ブランディング」】
http://www.kankokeizai.com/backnumber/09/09_30/shouhin_setsubi.html#02

この間のフォーラムでもそうでしたが、やはりモデルを元に話をすると
色々議論が盛り上がって、良いですね。

例えば「こういう事例は、このモデルのこの部分はしっかりできていて
この部分ができていないと言うふうにとらえることができますね」
というふうな見方ができますし、「この事例で言うと商工会は
このモデルのこういう機能を担っていると言えます」
というふうな見方もできます。

モデルの役割は、ごちゃっとした現実を秩序だてて
考える事にあると思います。

もちろんモデルの効力範囲は限られていて、
「これってこのモデルでは考えられないんじゃないか?」
ということが出てきたり、
「この事例だと、一番キモになっているところがこのモデルでは表現できない!」
ということが出てきたりするわけです。

その都度モデルは修正をくわえられていくわけです。

ただ、先ほどの「これってこのモデルでは考えられないんじゃないか?」
という考え自体が、モデルを元にして考えないと出てこない考えです。

「人間社会はとても複雑、だからモデルではとらえられない」
という話も聞きます。確かに複雑ですが、複雑だからそのままで良いじゃ~ん
というのでは、学問も研究もありません。複雑なものに関して
その仕組みやら機能やらを有る程度抽象化し、切り取って表現するしか有りません。

そういう風に思考するトレーニングになる本です。
攻略法が書いてあるというか、考え方が書いてある本です。

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。