スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第23回日本観光研究学会での発表報告

2008年11月23日に第23回日本観光研究学会(於 長野大学)において、
らき☆すた関係の発表を4本連続で
おこなってまいりました♪タイトルと著者は以下の通りです。



【タイトル】アニメーション作品が観光振興に与える影響に関する研究(その1)~アニメ聖地巡礼の誕生と展開~
【著者】岡本健・山村高淑・松本真治・坂田圧巳


【タイトル】アニメーション作品が観光振興に与える影響に関する研究(その2)~埼玉県鷲宮町における「らき☆すた」聖地巡礼の展開経緯と来訪者動態について~
【著者】山村高淑・岡本健・松本真治・坂田圧巳


【タイトル】アニメーション作品が観光振興に与える影響に関する研究(その3)~埼玉県鷲宮町における「らき☆すた」聖地巡礼者の属性と旅行形態に関する考察~
【著者】石川美澄・岡本健・山村高淑・松本真治


【タイトル】アニメーション作品が観光振興に与える影響に関する研究(その4)~「らき☆すた」聖地における巡礼者の人数把握方法について~
【著者】大谷あやの・岡本健・野中萌・坂田圧巳


細かい内容については、
「第23回日本観光研究学会全国大会 学術論文集」を
ご覧いただきたいところですが、一般の書店では当然ですが売ってません
現在、こちらで四本ともHUSCAPに登録申請をしています。
うまく登録できれば、皆さんにウェブ上からダウンロードして見ていただけます。
また、登録された際には報告させていただきますね☆

発表は並行して6会場同時におこなわれていました。
「らき☆すた発表」は1~4まで連続で同一会場でした。
発表は1~4に行くにつれてだんだん人が増えていく感じでした。

出てくる質問は非常に良い指摘が多く、
かなり手ごたえを感じた発表でした。

「鷲宮町がやっていることは、従来のように大河ドラマや映画を地域が利用して
ファンを集める、ただそれだけのことではない。」

そのあたりが理解され、「ファンの方が地域密着で活動されているのが面白い」
「アニメファンだけの現象ではないのか?」「情報社会に特有の現象だと思う」
などなど活発に質疑応答がおこなわれ、自分としましては
連作初挑戦だったのですが、成功したのではないかなと思いました。

またHUSCAPでアップされれば、皆さんにもお読みいただき、
色々とご意見をいただければと思っております。よろしくお願いいたします!
スポンサーサイト

テーマ : らき☆すた
ジャンル : アニメ・コミック

HUSCAPに掲載、アニメーションと地域振興のあり方について ~アニメのファンから地域のファンへ~

2008年6月に札幌ドームで開催されたフォーラム

北海道洞爺湖サミット記念環境総合展2008 環境関連フォーラム・セッション「環境と観光」グローバルとローカルの関係から持続可能な“エコ”なツーリズムを考える.

で、発表した際に使用したレジュメをHUSCAPに登録していただきました。

エコツーリズム関係の発表の中、「らき☆すた」はちょっと浮いた発表でした(笑)

エコでもなんでも、ツーリズムは来訪者に対してさまざまなメッセージを伝えるものだと
思います。特にエコツーリズムには教育効果が良く言われています。教育といっても説教くさい
旅行はつまらない。

楽しい旅行の雰囲気を壊さずに、自然にご当地のファンになってもらったり、自然にエコのことが学べる、そういうツーリズムってありえるのだろうか。そんな問題提起をおこなった発表でした。

【HUSCAP】
http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/handle/2115/34907

テーマ : らき☆すた
ジャンル : アニメ・コミック

鷲ペディアにデータを掲載(鷲宮町商工会のホームページ閲覧数)

アニメ聖地巡礼について、現在鷲宮町商工会さんと共同研究させていただいているのですが、その共同研究成果報告ページ「washipedia☆鷲ペディア」、久々のデータベースへの追加です。

いつも楽しみにしてくださっている方がいると聞いており、「早くアップしないと!」といつも頑張ろうと思っているのですが、なかなか
雑事に追われ、更新が滞っておりました。申し訳ありませんでした。

今回のデータは鷲宮町商工会のホームページ閲覧数の月ごと合計の推移です。9月がすごい伸びを示しています。さすが土師祭があっただけあります!破壊力抜群ですね☆

【washipedia☆鷲ペディア】
http://www.cats.hokudai.ac.jp/~deko/washipedia.html

テーマ : らき☆すた
ジャンル : アニメ・コミック

HUSCAP高頻度閲覧文献にランクイン!&ブログで紹介していただきました!

【HUSCAP高頻度閲覧文献にランクイン!】

現在(2008年11月9日)、
北海道大学学術成果コレクション(HUSCAP)で、ヲタクツーリズム関連文献が
高頻度閲覧文献リストに4つランクインしています(筆者が自分ではないものも含む)!

読んでくださっている方、ありがとうございます!
こういう風にして、アニメ聖地巡礼の面白さや、問題点、
今後どういうふうにしていけばよいのか、といったいろいろな問題が
様々な人同士で議論されていくと素晴らしいと思います。

≪HUSCAP≫http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/index.jsp


【ブログで紹介していただきました!】

「かたつむりは電子図書館の夢を見るか」(下記URL)というブログで、
HUSCAPに掲載されたこと、および、私のブログについて紹介していただきました!

*****************以下ブログからの引用*****************

研究内容自体の興味深さもさることながら、それがきちんとHUSCAPに登録され、そのことを著者の岡本さんご自身がブログで紹介されている(略してヲタツー  「アニメ聖地における巡礼者の動向把握方法の検討」がHUSCAPに登録されました☆)と言うのも実に興味深いです・・・

内容のwebに対する親和性とブログ等での広報があいまってのランクインなのでしょうが、こういう研究はwebでオープンにすることで研究者にとどまらず広く一般の人の利用を得られるでしょうし、そこからフィードバックされるものも期待できそうですね。

*******************以上引用終わり********************

大学図書館や学術情報流通に関する研究をされている
大学院生が書いていらっしゃるブログで、
そのスジの方には有名なブログなんだそうです。

自分としては特に後半に書かれている、
「研究者にとどまらず広く一般の人の利用を得られるでしょうし、
そこからフィードバックされるものも期待できそうですね。」
というのは、自分もそれを期待して出したところがあるので、
情報流通の専門の方からも同じような意見をいただけうれしい限りです!

こうやって反響を得られたり、いろいろと意見を得られるのは本当に嬉しいことです☆
真面目にがんばってきたかいもあるというもの!しかし「アニメ聖地巡礼」
研究のためにまだまだスタートラインにもついていないような状態なので、
少しずつでも進んでいかねばと思っている毎日です。

≪かたつむりは電子図書館の夢を見るか≫
http://d.hatena.ne.jp/min2-fly/20081024/1224848597

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

岡本 健

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。