スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「宗教とツーリズム」研究会で発表させていただきます【2013年11月16日(土)】

「宗教とツーリズム」研究会で発表させていただきます。
以前からお噂はかねがね聞いていた研究会の方から
発表の打診をいただきました。

開催日時は以下の通りです。
2013年11月16日(土) 13:30~17:00(予定)

開催場所は、
大正大学 巣鴨校舎2号館6階262教室
です。

参加は自由で事前申し込みなども不要、とのことですので、
どなた様も参加していただけるようです。

研究会では2つの発表があります。

【発表1】
<発表者>
宇田川 彩 氏
(東京大学総合文化研究科博士課程・日本学術振興会特別研究員)

<発表タイトル>
暦と時間(仮)―アルゼンチン・ブエノスアイレスのユダヤコミュニティで考える

<発表要旨>
本発表は、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで行ったユダヤコミュニティに関するフィールドワーク(2011年2月~2013年2月)に基づき、首都での生活におけるユダヤ暦の存在に焦点を当てる。まず確認しておきたいのは、アルゼンチンにおいて日常生活は国家のカレンダー(ローマカトリック暦や、国家の歴史的祝日)に沿っている点である。こうした中、多くのユダヤ人にとって、ユダヤ暦の最重要行事である過越し祭・ユダヤ新年・贖罪日は、シナゴーグに行く数少ない機会であるとともに、家族親族と過ごす共同的な時間の経験となる。同時に、これらの機会はユダヤ教の伝統に基づき、自己内省を行うための契機として捉えられている。これらの二点を併せて考察することで、現代における暦と時間について考える。なお、冒頭に「北アフリカのユダヤ人巡礼」についても簡潔な事例紹介を行う。

【発表2】
<発表者>
岡本健
(奈良県立大学 地域創造学部 講師)

<発表タイトル>
アニメ聖地巡礼の特徴とその展開 ―聖地巡礼者はコンテンツツーリズムの夢を見るか?

<発表要旨>
近年注目を集めるコンテンツツーリズム。そのきっかけを生んだのは、アニメ聖地巡礼であった。本発表では、アニメ聖地巡礼について、行動的な特徴をはじめ、コミュニケーション的特徴、その観光史的位置づけ、コンテンツ文化史的位置づけなど多角的に分析する。また、アニメ聖地巡礼者と地域住民の出会いやその後の展開などについても触れる。本発表により、アニメ聖地巡礼と宗教的な巡礼との類似点や相違点などについて議論をするための土壌を整備したいと考えている。


私は宗教学や宗教社会学が専門ではありませんので、
これまで「アニメ聖地巡礼」という言葉を使いつつも、
「聖地巡礼」について強く考えて来ませんでした。

研究をまとめる際に真っ先に思いついたのは宗教の聖地巡礼との比較でしたし、
研究発表をしても、よく質問を受けたのは宗教の聖地巡礼と比べてどうか、
ということでした。

『n次創作観光』(その元になった博士論文でもです)では、
「精神的中心」という概念を使って、
アニメ聖地巡礼が、ただロケ地を訪ねるという行為ではなく、
精神的な中心と関わっていることについては論じました。

ただ、やはり宗教の聖地巡礼の専門家の方と色々とご議論いただきたい、
という想いはずっとありました。
今回は、その機会をいただけたと考えております。
私が今から宗教の聖地巡礼について詳しく調べて発表する時間は
無いと思いますので、アニメの聖地巡礼について、
客観的な根拠を出しつつ、できるだけ詳細に特徴や展開を発表し、
議論の材料にしていただき、宗教学や宗教社会学の観点から
色々とご議論いただければと考えています。

今回の発表の関連論文や関連書籍を下にご紹介いたします。
簡単に内容も書かせていただきます。


・関連論文
岡本健(2009)
「アニメ聖地巡礼の誕生と展開」
『メディアコンテンツとツーリズム』, CATS叢書1, pp.31-62.
<ダウンロードURL> http://hdl.handle.net/2115/38112

アニメ聖地巡礼という言葉がいつごろから使われ始めたのか、アニメ聖地巡礼という行為はいつごろから
始められたのか、この疑問に、新聞・雑誌記事や書籍の記述を分析することによって答えたもの。
開始時期と展開時期が明確にわかる。

岡本健(2010)
「コンテンツ・インデュースト・ツーリズム ―コンテンツから考える情報社会の旅行行動」
『コンテンツ文化史研究』, 3, pp.48-68.
<ダウンロードURL> http://hdl.handle.net/2115/43181

アニメ聖地巡礼についての行動的な特徴をまとめたもの。大河ドラマ観光との比較を通して、
アニメ聖地巡礼の特徴を浮き彫りにした。また、アニメ聖地巡礼者の三分類、
開拓的アニメ聖地巡礼者、追随型アニメ聖地巡礼者、二次的アニメ聖地巡礼者
を提示し、それぞれの特徴を明記してある。


岡本健(2011)
「交流の回路としての観光 ―アニメ聖地巡礼から考える情報社会の旅行コミュニケーション」
『人工知能学会誌』, 26, (3), pp.256-263
<CiNii 定額アクセス可能>

アニメ聖地巡礼について、東浩紀氏の『動物化するポストモダン』の議論を踏まえて、
オタクの旅行行動として位置付けて分析を行った。
開拓的アニメ聖地巡礼者への質問紙調査によって、アニメ聖地巡礼の開始時期を実証的に明らかにする
と共に、どのようなコミュニケーションが行われているかを明らかにした。


岡本健(2012)
「観光・地域デザイン2.0と観光情報学 ―アニメ聖地巡礼から観光の新たなあり方を考える」
『観光と情報』, 8, (1), pp.15-26.
<ダウンロードURL> http://hdl.handle.net/2115/50435

アニメ聖地巡礼のような形で、地域側にとっては理解しにくい理由で旅客が訪れるケースは
これから様々な形で出てくると考えられる。その際、旅行者と地域住民の垣根は低くなり、
観光・地域デザインの主体として、興味、関心を持つ人々によってなされる状況が予想できる。


・関連書籍(下記の書籍の中で、岡本が執筆している箇所が関連しています)
敷田麻実・内田純一・森重昌之(編)『観光の地域ブランディング』学芸出版社
神田孝治(編)『観光の空間』ナカニシヤ出版
安村克己・遠藤英樹・寺岡伸悟・堀野正人(編)『よくわかる観光社会学』ミネルヴァ書房
岡本健『n次創作観光 ―アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性』北海道冒険芸術出版
青木義英・神田孝治・吉田道代(編)『ホスピタリティ入門』新曜社
スポンサーサイト

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

2013年5月18日(土) 日本観光研究学会関西支部「関西から観光立国・立圏を考える」意見交換会で基調講演をさせていただきます。

2013年5月18日(土)に大阪市立大学文化交流センター「大ホール」にて
開催されます、日本観光研究学会関西支部会の

第10回「関西から観光立国・立圏を考える」意見交換会
で、基調講演「コンテンツ・アニメ聖地巡礼・観光創造 
―『n次創作観光』を手掛かりにコンテンツツーリズムと地域社会を考える」
を担当させていただきます。

また、パネルディスカッションにも参加させていただきます。

神戸夙川学院大学の原一樹先生からお話を賜りました。
基調講演という大役が私でよいのか、とも思いましたが、
ご依頼いただいたからには、活発な議論が起こるような話ができればと思います。

当日、皆様にお会いできるのを楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いいたします!

以下が、開催概要になります。


*****************************

日時:2013年5月18日(土)13:00~17:30
場所:大阪駅前第2ビル6階 大阪市立大学文化交流センター「大ホール」(120名収容)

<内 容>
■特別講演(13:05~13:35):
国土交通省近畿運輸局企画観光部長  森 宏之 氏
『観光立国における観光政策の現状』

■基調講演(13:45~14:35):
奈良県立大学講師 岡本 健 氏
「コンテンツ・アニメ聖地巡礼・観光創造 
―『n次創作観光』を手掛かりにコンテンツツーリズムと地域社会を考える」

■パネルディスカッション(14:45~16:45)
「関西圏におけるコンテンツツーリズム ―現状と課題」
パネリスト
油井 清光 氏 (神戸大学大学院教授・社会学)
岡本 順子 氏 (地域情報サイト「西宮流(にしのみやスタイル)」編集室代表)
大野 聡  氏 (大阪フィルム・カウンシル チーフ・コーディネーター)
岡本 健  氏 (奈良県立大学講師・観光学)
コーディネーター
原 一樹  氏 (日本観光研究学会関西支部幹事・神戸夙川学院大学准教授)

意見交換(16:50~17:20):参加者との質疑応答、情報提供

テーマ : フォーラム・シンポジウム・ワークショップの案内
ジャンル : 学問・文化・芸術

コンテンツツーリズム研究会第2回総会(@埼玉県久喜市鷲宮)

11月3日(土)に埼玉県久喜市鷲宮にて
「コンテンツツーリズム研究会第2回総会」を実施いたします。
今回は、学生、研究者、地域振興に取り組んでおられる方々、
をメインの対象としまして、開催をいたします。

調査の現場で、地域の方々に伺うと、
卒業論文などでコンテンツツーリズムについて扱う方が増えているそうです。
ですが、一生懸命学生に協力しても、
データ自体、あるいは、卒論を地域に還元する学生は
多くないそうです。

また、研究の仕方がわからない学生も多いようで、
アポイントメント無しで突然訪れたり、
先行研究や地域のことを何も調べずにインタビューに来たり、
といったことが起こっているようです。

そして、さまざまな地域でアニメ等コンテンツを使ったまちおこしが
実施されていますが、それぞれの地域で悩みがあり、
それを共有する場が求められています。

そこで、今回、学生同士の横のつながり、
研究者同士の横のつながり、
地域同士の横のつながりを作り、
学生、研究者、地域の交流を進めるために、
学生の研究発表をメインにしまして、
コンテンツツーリズム研究会第2回総会を実施する運びとなりました。

皆さまのご参加お待ち申し上げております。
そして、関心がおありの学生さんや先生方への
ご案内をいただけますと有難く存じます。
何卒よろしくお願い申し上げます。


日  時:2012年11月3日(土)
開催概要:第1部 「コンテンツツーリズム研究会・第2回総会」
【会 場】久喜市鷲宮総合支所4階会議室(旧鷲宮町役場4階 会議室) 住所:埼玉県久喜市鷲宮6-1-1
【時 間】14:30開場 15:00開始~18:00終了予定 ※会場の都合により時間の変更がある場合がございます。
【対 象】学生(大学院・大学生・短大生・専門生・高校生等)、学校関係(教授・准教授・講師・研究者・教師等)
行政関係(都道府県・市町村職員等)、まちづくり関係(観光協会・NPO等)、商工会議所、商工会等
【定 員】50名(先着順)※会場の都合により増減する場合がございます。
【申 込】要申込:申込URL:http://form1.fc2.com/form/?id=710236
【締 切】10月28日(日)迄
【服 装】自由 ※コスプレも可


第1部  15:00~18:00 入場無料:定員50名(要申込) 久喜市鷲宮総合支所4階
14:30 開場・受付
15:00 開会宣言
 齋藤 勝・鷲宮商工会長
15:05 基調講演1(20分)
 岡本 健・京都文教大学総合社会学部文化人類学科講師
15:25 基調講演2(20分)
 福島るり子・埼玉県産業労働部観光課主幹

15:45 テーマ「コンテンツツーリズム研究」(各20分)
≪研究発表 司会:岡本 健(京都文教大学)≫
一.花房 真理子
(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 修士2年
認知・意味編成モデルと身体スキル 所属)
【発表タイトル】
地域の伝統文化の継続におけるアニメ舞台探訪の可能性

二.五十嵐 大悟
(筑波大学 人文・文化学群 人文学類 哲学主専攻 宗教学コース 3年)
【発表タイトル】
足利ひめたまから見る萌えおこしと聖地巡礼

三.鈴木 勇人
(立命館大学 映像学部 映像学科 4回生 中村ゼミ)
【発表タイトル】
アニメ作品における聖地巡礼者の類型化に関する実証研究
―鷲宮・秩父・鴨川の巡礼者を対象として

17:05 シンポジウム「らき☆すたによる地域振興と情報メディア創造(仮)」

登壇者(敬称略)
【司会】岡本 健(京都文教大学総合社会学部文化人類学科講師)
・出版関係者予定
・河村 成浩 氏(毎日新聞デジタル記者)
・坂田 圧巳(鷲宮商工会 経営指導員)
※登壇者は予告なく変更になる場合がございます。
17:50 閉会の言葉
 吉岡憲一・鷲宮商工会事務局長


第2部 「交流会」
【会 場】鷲宮商工会2階大会議室(埼玉県久喜市鷲宮4-8-8)
【時 間】18:15会場 18:30開始~20:30終了予定
【対 象】第1部と同様
【定 員】50名(満席になり次第受付終了)
【申 込】要申込:申込URL:http://form1.fc2.com/form/?id=710236
【締 切】10月28日(日)迄
【会 費】2,000円(学生)・3,000円(社会人)


第2部  18:15~20:30 入場有料:事前申込要:定員50名 鷲宮商工会2階
18:15 開場・受付
18:30 交流会 ※立食形式
名刺交換・情報交換等

会費:2,000円(学生)
    3,000円(社会人)

※途中退室可
20:30 閉会・解散

テーマ : フォーラム・シンポジウム・ワークショップの案内
ジャンル : 学問・文化・芸術

ラグりんまつり2012 in 鴨川 ご当地アニメフォーラム

日程が迫っておりますが、コンテンツツーリズム関連のトークイベント
についてご案内をさせていただきます。

コンテンツツーリズムを推進していくにあたって、
アニメ製作会社、地域の担当者は
地域振興についてどのように考えているのか、
本音を聞くことができる内容になっております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

以下、チラシからの転載です。

ラグりんまつり2012 in 鴨川
ご当地アニメフォーラム
第1部「ラグりんと鴨川、コラボレーションのキセキ」
第2部「アニメコンテンツとツーリズム」

■概要
2012年1月からテレビ放送され、
9月にseason2の完結を迎えた、鴨川市を舞台にしたアニメ『輪廻のラグランジェ』

製作委員会と鴨川推進委員会は作品を、そして地域を盛り上げようと、
昨年から密に連携し、さまざまな活動を展開 してきました。
全国的にもアニメと地域がコラボレーションした事例が脚光を浴びています。

第1部では、活動の舞台裏を実際に現場で奔走した製作委員会、推進委員会の担当者が激白します。
アニメと地域の コラボレーションの現場でなにが起こっていたのか!?
涙あり、笑いあり…? 普段はなかなか触れることのでき ない、現場の生の声を聞けるチャンスです。

第2部では、コンテンツツーリズム研究会のご協力により、
「聖地巡礼」に代表されるアニメと観光まちづくりとの 関わりについて、鋭く考察します。
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』『あっちこっち』の千葉県千葉市、
『あ の日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の埼玉県秩父市の方々も
パネラーとして参加し、鴨川以外の地域の取り 組みについてもお話しをうかがいます。

アニメファンはもちろん、コンテンツツーリズムの研究者の方々にとっても貴重な機会です。
10月13日(土)は「ご当地アニメフォーラム」にぜひぜひ足をお運びください!

■日時
2012年10月13日(土)
13:30~17:00(開場
12:30・途中休憩あり)

*13:00~
「ラグりんまつり2012 in 鴨川」のオープニングセレモニーが同会場にて行われます。

■会場
おらが祭会場/鴨川市市民会館

*JR安房鴨川駅東口より徒歩5分

●第1部「ラグりんと鴨川、コラボレーションのキセキ」(13:30~15:10)

■出演
鴨川推進委員会
畑中博司(鴨川市役所)
岡野大和

製作委員会
菊川裕之(バンダイビジュアル)
北田修一(読売テレビエンタープライズ)

平澤 直(プロダクション I.G)
鈴木哲史(プロダクション I.G)

●第2部「アニメコンテンツとツーリズム」(15:20~17:00)

■出演
コンテンツツーリズム研究会
岡本 健(京都文教大学講師)

千葉県千葉市『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』『あっちこっち』

埼玉県秩父市『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』

鴨川市
畑中博司(鴨川市役所)
安藤孝輔(あさひや)

〈主催・お問い合わせ〉
輪廻のラグランジェ鴨川推進委員会
(担当:鈴木・山本)

〒296-8601
千葉県鴨川市横渚1450
鴨川市役所産業振興課内

TEL
04-7093-7834

テーマ : フォーラム・シンポジウム・ワークショップの案内
ジャンル : 学問・文化・芸術

アニメ聖地巡礼関係の研究発表(2012年4月21日:一般参加可能)

アニメ聖地巡礼関連の研究発表を2012年4月21日に奈良女子大学にて行います。
タイトルは「メディア文化と観光」ということで発表させていただきます。
博士論文の内容を少しお話するような形になると思います。

これは、人文地理学会という学会の例会での発表になります。
「社会的想像力としての移動 ―観光とメディア」
というタイトルで、なんと第275回例会ということです。

人文地理学会は歴史があって、1948年発足なのだそうです。
以前から、雑誌『人文地理』については読ませていただいていましたし、
地理学者でいらっしゃる神田孝治先生の
『観光の空間』にアニメ聖地巡礼のことを書かせていただいたのですが、
自分自身は地理学を専門にやってきたわけではありませんで、
今回、どのようになるのか、不安でもありつつ、楽しみでもあります。

詳細は、下記URLから人文地理学会のサイトに行って
見ていただければと思いますが、内容は以下の通りです。

遠藤英樹先生による
「趣旨説明」の後、

大野哲也先生による
「バックパッキング・ツーリズム」のご発表があり、

岡本健による
「メディア文化と観光」の発表をさせていただき、

神田孝治先生による
「コメント」をいただいて、
「総合討論」という形です。

「一般来聴歓迎、参加費無料」
と書かれております。
連絡先については、下記URLをご覧ください。

http://hgsj.org/reikaibukai/reikai_no275/

テーマ : 研究発表
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。