スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年、明けましておめでとうございます!

昨年は、本当にいろいろな方にお世話になりまして、
色々と嬉しいことずくしの一年でした。

まず、大きな出来事だったのが、
『n次創作観光』の出版です。



博士論文の内容をぎゅっとコンパクトに凝縮し、
見開き1ページ1テーマで書籍化した、
私の初の単著です。

この本が出せたことで、昨年の様々なことがあったと言っても
過言ではありません。本当に大きな出来事でした。
それもこれも、NPO法人北海道冒険芸術出版の
堀直人さんのおかげです。
編集者の力は偉大です。

当初は、「博士論文を短縮すればいいんだから
そんなに大変じゃないだろう」などと楽観的に考えていましたが、
いざ取り掛かってみると、色々と大変でした。
ほとんど全て書き直しに近い状態でした。

一生懸命がんばりましたが、
「売れないんじゃないだろうか…」
「堀さんにめちゃくちゃ迷惑がかかったらどうしよう…」
と思っていました。

ところがどっこい、出してみますと、
amazonのランキングは専門書としては信じられない順位を取り、
いまだに下がっても5けた以内をキープ。

今まで本を読んで知っていた著者の先生が
書評を書いてくださったり、引用してくださったりと、
注目してくださいました。

この本を出したことで新たな企画のお話もいただきました。
講演のお話などもいただきました。
有難いお話です。


次に、昨年から、
今の職場である奈良県立大学に赴任いたしました。
前任の京都文教大学でも皆様にお世話になり、
のびのびと仕事をさせていただきました。
院生のころからあこがれていた先生方がたくさんいらっしゃる
奈良県立大学で仕事をさせていただけるチャンスをいただけたこと、
本当に嬉しく思います。

奈良県立大学では、色々とチャレンジを始めています。
学生さんや地域の方々、研究者仲間、など、
多くの方とかかわらせていただきながらのチャレンジです。

昨年は、激動の1年だったと思います。
今年は、少し腰を落ち着けて、教育、研究、執筆、などなど
着実に進めてまいりたいと思います。

本年も、がんばりますので、
皆様、何卒よろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

新年度のご挨拶

新年度が始まってしばらくたちますが、
ご報告と新年度のご挨拶をさせていただきます。

昨年度(2012年度)に、京都文教大学に特任(任期付き)講師として
就職させていただいたばかりなのですが、
本年(2013年)度より、
奈良県立大学 地域創造学部に
専任講師として勤めさせていただくことになりました。

講義としては「メディア産業論」「メディア・コンテンツ論」
を担当する予定です。

「奈良県立大学 教員紹介」
http://www.narapu.ac.jp/prof.html

京都文教大学さんには1年間でしたが、本当にお世話になりました。

2011年度は博士号取得を目指して博士論文を書きつつも、
「どこかに就職できるんだろうか…」と心配しつつ日々を送っていました。

ある先生からは「35歳までに就職できるなんて思わずにやりなさい」
と言われ、事実なのだとは思うのですが、「その間どうやって生活すりゃいいんだよ?」
と本当に不安でした。

そんな中、観光系の公募を京都文教大学さんで出されていて、
受けさせていただき、書類、面接と合格をいただいて、
新人の私を採用してくださいました。
私としては3校目のチャレンジでご採用いただいたことになります。
救っていただいたと感じています。

勤めさせていただいている間も、
教職員の皆さん、本当によくしてくださいました。
よく聞く話で、
若手が入ってくるとなんでもかんでも若手に仕事をさせる
というのがあります。

もちろん勉強のため、色々な仕事をやること自体は
若手にとっては良いことです。
ですが、場合によってはオーバーワークになるほど、
たくさんの仕事が集中することもあると聞いていました。
そういう状況だったとしても、ご採用いただいたのでがんばろう、
と思っていました。

ところが、そこのところをしっかりとお気遣いくださり、
「岡本さんが面白い、やりがいがある、と思うことをやってもらいましょう」
と言ってくださる先生がいらっしゃって、本当に恵まれた、有難い環境でした。

学生さんの中にも慕ってくださる方がいらっしゃり、
ゼミ募集の際には、多くの学生さんが私のゼミを希望してくださいました。
中にはゾンビ映画を研究したい、という学生さんもおられ、
嬉しく思っておりました。

学生さんの中には、
私のことを学内のフリーペーパーに取り上げてくださったり、
私の自宅近辺に野宿しに来たり、
イベント「オタ婚活」を一緒に作って実行してくれた人もいます。
来て間もない、なんだかよくわからないヤツに、
積極的に関わってくれたおかげで、本当に楽しい毎日を過ごさせていただきました。

『n次創作観光』という初の単著も出すことができました。
この本にも京都文教大学の学生さんに協力していただいています。

また、地域の方にも色々とお世話になりました。
皆さま、本当に有難うございました。

「これから恩返しをせねば!」という時に異動することになり、
すみません。

京都文教大学で何か嫌なことがあったというわけでは決してありません。
大学で仕事をさせていただく環境として、とても満足していました。

それでも1年で出るという決断をしたのは、
雇用形態のことや家族のことなど私事もいくつかあるのですが、
大学院生の時からあこがれの大学であったということが大きな理由の一つです。

奈良県立大学の先生方の書かれた論文や書籍を拝読して、
本当に多くの刺激を受けましたし、
色々とご指導をいただく機会がありました。

まず、観光と社会・文化の研究会(第14回:2009年)での発表機会をいただき、
色々とご指導いただきました。

「情報化社会における旅行者行動の特徴と地域に果たす役割
―アニメ聖地鷲宮町の事例から観光資源の協働型管理の可能性を考える」
http://hdl.handle.net/2115/38654

そして、学会でお目にかかるとご質問をいただいたり、
楽しい議論をさせていただいておりました。
私の母校の奈良高校が近くにあるということもあって、
帰省をした時には、県立大学の研究室にお邪魔して、
好き放題色々なことをお話して、ご意見をいただいていました。

「奈良県立大学さんに勤められたらいいなぁ」

そう思って院生時代を過ごしていました。

ただ、大学教員の就職は、場所がどこになるかはわかりません。
少なくとも私は「ここしか嫌だ!」というような選び方はしませんでした。
どこに決まっても、私を選んでくださったら喜んで勤める。
そう思って就職活動をしておりました。
その結果、京都文教大学さんに雇っていただくことができたのですが、
その年度に、奈良県立大学の公募が出たのです。

先ほども書きましたが、ちょっといくつかの私事も重なりまして、
自宅からより近い大学に勤められた方が有難い状況もありました。
特任(任期付き)という条件(4年任期、1年ごと更新)でしたので、
正直言って不安な部分も無くはありませんでした。

それに、大学の教員の求人というのは、
通常の企業とは違って毎年出るものではないのです。
先生がどなたか辞められて補充が必要になるとか、
新しく学部や学科を作る際に増員がかかったりしない限り、
求人は出ません。

その上、さらに、分野の適合というものがあります。
教員の求人の場合、「どんな分野でも良いので先生を一人」
というようなものはほとんどありません。

こういう分野の専門家、
こういう授業を教えられる人、
こういう業績がある人、
こういうことができる人…

色々な条件があって、様々なケースがあります。

そんな中、憧れの奈良県立大学で、
しかも自分も関われるような分野で
求人が出ることを知ったのです。

おかげさまで、書類審査、面接審査の結果、ご採用いただきました。

こういう経緯で、
この春から奈良県立大学 地域創造学部に勤めさせていただいております。

なんとも有難いことに、京都文教大学の教職員の方々、学生さん、
皆さん口々に「本当に残念だけど、県立大学でもっと活躍して欲しい。
また戻ってきてほしい。」と言ってくださっています。

いくら感謝しても、し足りません。
非常勤講師として京都文教大学にも今年度は参ります。
一生懸命授業をさせていただくことで、
少しでも恩返しできればと思っております。

2013年度が始まりました。
今年度も、教育、研究に精進したいと思います。

皆さま、今後ともご指導ご鞭撻のほど、
何卒よろしくお願い申し上げます。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

2013年もどうぞよろしくお願い申し上げます!

明けましておめでとうございます!

旧年も、色々な方に支えていただき、
おかげさまで、充実の一年間を過ごすことができました。

2012年は色々なことがありました。

2012年3月に北海道大学大学院 国際広報メディア・観光学院
観光創造専攻 博士後期課程を修了しました。
博士(観光学)をいただきました。

そして、2012年4月には現職、
京都文教大学 総合社会学部 文化人類学科 特任(任期付)講師
として雇っていただけました。

特任ですが、専任とほぼ同様の条件で、
研究室もいただいていますし、
2012年4月から始まった総合社会学部の中で、
観光・まちづくりコースを作っていく一人の教員として、
教職員の皆々様に大切にしていただき、有難いです。

また、学生さんもとてもあたたかく、
皆さんのおかげで楽しく大学教員生活を始めることができました。

博士号を取得してすぐにこういった立場で
働かせていただけるのはなかなか難しいことだと聞いていましたので、
私は本当に幸運だなと、そう思います。

研究で実地調査をさせていただく際も、
博士論文を仕上げる際も、
大学教員としての就職活動の際にも、
本当に色々な方に支えていただきました。

なんとか今仕事ができているのは、
皆さまのご指導、ご協力のおかげです。
有難うございました。

今年は、1月26日に
『n次創作観光
―アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性』
をNPO法人北海道冒険芸術出版さんより出版させていただく予定です。

これは、博士論文のエッセンスを凝縮し、
さらに新しい議論を展開させていただいた書籍です。

詳しくは下の、出版社さんのホームページからご覧ください。

北海道裏観光ガイド

また、Facebookページで、
出版の最新情報をご覧いただけます。

『n次創作観光
―アニメ聖地巡礼/コンテンツツーリズム/観光社会学の可能性』
http://www.facebook.com/home.php#!/njisosakukanko

これまでの成果を皆さまにお披露目できる機会であると同時に、
これからの研究の出発点にしていこうと思っている書籍です。
このような研究をしたい方には、参考にしていただけるように、
こうした研究に関心が無い方にも、一般的なことに応用可能なように、
書いたつもりです。

これを作る際にも、さまざまな人にお世話になっています。
皆さま、本当に有難うございます。

これからも、教育、研究に邁進してまいりたく存じます。
本年も、何卒よろしくお願い申し上げます。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

29歳になりました(^^)

2012年5月30日で29歳になりました。

奥さんや両親をはじめ、
たくさんの方がお祝いしてくださいました(^^)

面と向かってお祝いを述べてくれた方や、
twitterやFacebook、mixi、メール等でお祝いの言葉を
送ってくださった方。

中には言葉だけでなく、
ハイタッチをしてくださった学生さんもいらっしゃいました(笑)
あと、謎のカボチャケーキ(?)をもって研究室を訪れてくれた方も(笑)

皆さん、本当に有難うございます(^^)
私に関わってくださったすべての方々のおかげで、
今の私があります。

今回は、大学教員になって初めての誕生日でもありました。
29歳は20代最後の歳です。
だからどう、というわけではありませんが、
なんとなく気合が入るところです。

教育、研究に精進していきたいと思います。
皆さま、今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

テーマ : 研究者の生活
ジャンル : 学問・文化・芸術

新年あけましておめでとうございます!

2012年になりました。
新年あけましておめでとうございます!
皆々様、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

2011年はいろいろありました。
社会全体としては、やはり震災が一番大きな出来事でしたね。
個人的にも妻が震災にあったため、
札幌自体は大きな被害はありませんでしたが、
全然他人事じゃなく、かなり疲弊しました。
妻を北海道に帰省させるため、交通状況に関する情報を仕入れて
メールで妻に知らせていたのですが、
テレビのニュースで地震、津波、原発の様子を
延々と見続け、twitterや交通各社のホームページなどと
にらめっこして、ひどい状況ばかりを見続けたので、
精神的にきつい状態になってしまい、大変でした。

今年は被災後どうしていくのか、
という問題に引き続き直面していくわけですが、
自分自身の研究は、アニメ聖地巡礼からコミュニケーションを考えているのですが、
震災後の社会構想に、実はものすごく関わっていると思っています。
今年は、自分の研究成果を広く世に問うていこうと思います。
コミュニケーションの問題や、コミュニティの問題、
それらと関わる観光の問題、社会の問題、
について研究、教育に尽力したいと思います。

2012年はずいぶんと環境(物理的にも社会的にも)が変わりそうです。
引き続き、皆様には色々とお世話になろうかと存じます。
一生懸命頑張ってまいりたいと思いますので、
今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、
何卒よろしくお願い申し上げます!

テーマ : 年末&お正月
ジャンル : 日記

プロフィール

Author:岡本 健
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。